You Tubeでゲーム実況動画をする際の著作権問題

こんにちは、HIROです。

 

最近ユーチューバーが盛り上がりを見せていますね。ネット等でも結構取り上げているサイトがあるので、あなたも一度は聞いた事があると思います。

 

ざっくり説明すると、You Tubeで動画をアップしてその動画に貼り付けた広告を、ユーザーがクリックすれば広告収入が入るシステムのことで、いわゆるアフィリエイトの動画版という感じだと思ってくれれば分かりやすいと思います。

 

今や、「中高生がなりたい職業ランキング」にユーチューバーがランクインしているように中高生にとってユーチューバーは憧れの職業になりつつあるようです。

 

 

しかも驚くことにユーチューバーになるための専門学校まであるというんだから世の中というのは本当に何が当たるか分かりませんよね。

 

参照:インターナショナル・メディア学院

 

今回はその中でもゲーム実況動画について書いていきたいと思います。

 

You Tubeの動画内でも年々著作権問題が深刻化していく中で、ゲーム実況動画は何故削除されずに残されているのでしょうか?

 

著作権問題も含めて解説していきたいと思います。

 

 ゲーム実況動画をアップするのは違法?

 

簡単に言ってしまえば完全に著作権侵害で違法になります。

 

You Tubeにアップされた動画が著作権侵害に触れてしまったら罰則として10年以下の懲役又は1,000万円以下の罰金が科せられます。

 

これは何もゲーム実況動画に限らず、誰かの創作物を自分名義で勝手にアップすることでも同じように罰則を受けます。

 

しかしながら、ゲーム実況に関して言えば、ゲーム実況動画を閲覧した視聴者がそのゲームを購入する流れ=宣伝効果もあるため、中々一概に禁止とはしずらいのが現状のようです。

 

では、宣伝効果があるならゲーム実況動画をアップしていいのかというと、法律的には完全にアウトですから、見つかれば罪に問われます。

 

今現在ゲーム実況動画をアップしている人は、先ほども言ったように宣伝効果があるから黙認されているだけです。

 

とはいうものの、ゲーム実況動画もすべてのゲームがNGというわけではありません。

 

詳しくは参考記事を見てみてください。

 

 

また、音楽に関する著作権も問題になっているのでこちらの記事も参考にしてみてください。

 

 

 動画を上げるなら完全オリジナルがいい

 

私も暇になればYou Tubeを観ますが、本当に酷い状況だと言わざるをえません。

 

というのも、You Tubeでアップされているほとんどの動画が著作権を侵害していると言っても過言ではないからです。

 

有名なアーティストの音楽をアップすることも駄目ですし、録画したテレビ番組をアップするのも駄目です。

 

私が書いているこの文章にだって著作権がありますので、この文章を誰かがコピペして自分のサイトにアップしても著作権侵害になります。

 

詳しくはこちらを参照してください。

 

 

「あれも駄目これも駄目じゃあ、You Tubeに動画アップなんてできないじゃないか!」という声が聞こえてきそうですね^^;

 

もし法律に触れずにYou Tube動画をアップしたいならオリジナル動画を作ればいいのです。

 

動画の内容もさることながら、動画に入れる音楽も音声もキャストも全てオリジナルにすれば法律にも触れませんし、誰にも文句は言われません。

 

これでめでたしめでたし…とはいきません。

 

実際に動画を作ってみれば分かりますが音楽一つ入れるのも一から音楽を作らないといけないので相当な負担がかかります。

 

正直動画を作成するのに、ちんたらやっていてはとても動画アップなんて無理ですし、何よりモチベーションが下がって動画アップどころではなくなります。

 

その最悪な展開を回避するために活躍するのがフリー素材というやつです。

 

フリー素材には写真や音楽など色々な種類がありますが、フリー素材サイトの良い所はなんといっても運営様のご厚意により、素材が無料で使えることです。

 

このフリー素材を使えば、動画作成にかける時間も大幅に削減することができ、オリジナル動画が作れるようになります。

 

ただ一つ注意してほしいのが、フリー素材サイトにも色々あり、それぞれ利用規約が異なりますので、使用する際には必ずサイトの利用規約をよく読んでから使用するようにしてください。

 

因みにこの記事作成に使用されている画像もフリー素材です^^

 

また、今流行のゲーム実況動画などで動画を上げたい人もいるのではないでしょうか?

 

顔出し、声出しが恥ずかしい…

 

動画を作る人の中には顔出しや声出しが恥ずかしくて動画が作れないという人もいると思いますが、そこは気にしなくてもいいと思います。

 

というのも、顔出しや声出しをしなくても作れる動画はいっぱいあるからです。

 

顔をだしたくないなら、例えば文字で魅せる芝居動画を作るのもいいですし、声出しが恥ずかしいなら「棒読みちゃん」のようなテキストをあなたの代わりに読み上げてくれるものを使うこともできます。

 

このように何も顔や声を出さずとも作れる動画はあります。

 

これを機会に何か作ってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

ネットで気軽に情報を発信できる環境ができたことで、一般の方でも簡単に発言することが可能になりました。

 

しかし、著作権問題をちゃんと視野に入れずに情報を発信してしまうととんでもない事件に巻き込まれる恐れがあります。

 

情報を発信する際にはちゃんと著作権問題を勉強して、罪を犯すことのないようにしたいものですね。