Table of Contents Plusプラグインの設定方法

こんにちは、HIROです。

 

Table of Contents PlusプラグインとはWord Pressで作った自分のサイトのページに目次を自動生成するためのプラグインです。

 

記事にh1~h6までのタグをつけていれば、Table of Contents Plusが自動的に判別してくれ、目次作成をしてくれます。

 

今までちまちまとhタグにアンカーリンクを付けていた人にはうってつけのプラグインです。

 

設定方法も非常に簡単なので是非Table of Contents Plusプラグインを実装しましょう。

 

 Table of Contents Plusの設定方法

 

1.Word Pressのダッシュボードで、「プラグイン」→「新規追加」と進んでください。

 

設定

 

2.「新規追加」画面に来たらキーワードの部分に「Table of Contents Plus」と入力しましょう。

 

出てきたプラグインの「今すぐインストール」ボタンをクリックし、インストールを開始します。

 

その後、「有効化」をクリック。

 

設定

 

3.ダッシュボードの「設定」→「目次+」の順に進みます。

 

設定

 

4.「Table of Contents Plus」の設定画面になりました。

 

ここで各種設定をしていきたいのですが、初心者の方は以下の2つだけの設定で大丈夫だと思います。

 

1:「表示設定」のタブで「2」を選択。これは、記事内にh1~h6までの二つ以上が入っていたら目次を表示しますよというものです。

 

2:「以下のコンテンツタイプを自動挿入」でデフォルトでは「page」になっているのですが、これを「post」に変更してください。

 

もし、もう少し詳しく設定したいなと思ったら下にある「上級者向け」というところをクリックすると上級者向けカスタマイズができます。

 

設定画面

 

上級者向けの設定方法

 

1.上級者向けと言っても基本的には「見出しレベル」しか触らなくてもいいと思います。

 

「見出しレベル」は、目次に含めたくないhタグを外すことができます。

 

任意で表示させたいhタグを設定しましょう。

 

上級者向け

 

以上で「Table of Contents Plus」の設定方法が終わりました。

 

後は「更新」を押して記事を見れば以下の様に表示されるはずです。

 

目次設定完了

 

設定は以上です。

 

お疲れ様でした。

 

あとがき

 

プラグインはあまりたくさん入れると重くなりますが、自分のサイトに必要なものは最低限入れておきたいものです。