世間体を気にしてうつ病になるくらいなら仕事を辞めた方がはるかにまし!

こんにちは、HIROです。

 

「毎日毎日午前様…何の為に生きているんだろう…」

 

「会社にいるすべての人間関係がイヤになる…もう消えてしまいたい…」

 

「転勤が多い…その度に新しい職場に馴染むことができない…」

 

仕事をしていると多くの不満を持つことがあります。

 

その小さなストレスがひましに大きくなるも、今の現状を変える手段がないため、悶々とした気持ちで今日も会社に足を向ける。

 

そんな日々をお過ごしではないでしょうか。

 

でもそのストレスを放っておくと取り返しのつかないことになるかもしれません。

 

というのもストレスを抱えたまま放置していると心の病にかかる場合があるからです。

 

そんな中でも厄介なのがうつ病です。

 

今回はそのうつ病の危険性と仕事のあり方について軽度のうつを発症している私が自身のことも含めて書いていきたいと思います。

 

 仕事は生きる為にするもの

 

うつ病になって改めて思うことは「仕事って身体を壊してまでするものではない」ということです。

 

一度うつ病になってしまうと完治することは非常に難しく一生付き合っていく覚悟が必要です。

 

治療には個人差がありますが、少なくとも数年は生活保護などを受給して療養することになります。

 

軽度のうつ病であれば、生活保護は受けられないので、自分でなんとかするしかありません。

 

会社のためだと言って身体に無理をした結果が、身体を壊してしまうようでは本末転倒もいいところです。

 

仕事は生活するためには切っても切り離せないものです。

 

生きるためにはお金は必要ですし、子どもを育てるなら教育費もかかります。

 

でも今の時代稼ぐ方法はいくらでもあります。

 

何も会社に依存する必要は全くないのです。

 

現にアフィリエイトやユーチューブなどで本業として稼いでいる人もいます。

 

FXで稼いでいる人もいれば、クラウドソーシングで稼いでいる人もいます。

 

一昔前は会社で働くことが全てでした。

 

しかし、終身雇用が崩壊した今、何も会社に縛られる必要はもうないのです。

 

会社で無理をした結果うつ病を発症してしまった話

 

私はあまり身体も心も強い方ではなく、どちらかというと身体より頭を動かして仕事をしたい人間でした。

 

でもそういうお仕事はスキルがなければ中々入れてもらうことはできません。

 

なので、ずっと肉体労働で飯を食ってきました。

 

私が働いていた会社はホテルの清掃会社で、契約社員として主にホテルの清掃専門の現場責任者をしていました。

 

いわゆる中間管理職ですね。

 

お休みは基本的に取らせてもらえないので、バイトを私の代理に育てて休みをとるような過酷な現場でした。

 

それでも月に4回ほどで、正社員にもなると4年間一度も休みが取れない人もいました。

 

休憩もあるはずもなく、お腹が空いても食べる暇はありません。

 

食べるにしてもバイトの子たちに隠れて食べていました。

 

仕事もホテルの清掃なので、宿泊者が食べ散らかしたテーブルやベッド、トイレなども掃除していました。

 

毎日トイレを拝む生活です。

 

ホテルからの圧力も凄まじく、要求に応えようにもうちの会社は基本的に現場責任者に丸投げをするような会社だったので、一人ではどうすることもできないような案件も数多くありました。

 

職種が清掃なので求人をかけてもほとんど人がこない状態なので、言葉は悪いですが、全然使えないおばちゃんも無理やり働かせて使っていた状態でした。

 

ほんといつ問題が起こっても不思議ではない環境で仕事をさせられていました。

 

体調が悪くなったのは、働きだして2、3年経った頃でしょうか。

 

人前に立つと吐き気がしたり、身体がだるくて動けなくなったり、涙が止まらなくなったりしました。

 

慌てて精神科へ行くと軽度のうつ病と診断されました。

 

軽度なので生活保護は受け取れません。

 

そのまま会社に勤めるしかなかったのです。

 

軽度のうつ病になってからというもの毎日がとにかく辛かったのを覚えています。

 

休みがないので気分転換をすることもできず、ストレスをためる一方でした。

 

話は少しズレますが、一度私が勤務していたホテルで自殺者が出たことがあり、その部屋を清掃しなければなりませんでした。霊というのは心の弱い人に憑くと聞いた事があり、心配だったのですが、案の定憑りつかれてしまいました。

 

首から肩にかけて動かなくなったのです。さすがに仕事ができないので会社を何日か休まざるを得なくなりました。うつ病になるとこういうことも起きるんでしょうか?私だけ?

 

とにもかくにも、うつ病になってしまった状態で仕事を続けることができなくなってしまった私は仕事を辞めなくてはなりませんでした。

 

このように、無理をしすぎると体調を崩すだけでなく、働いているほかの人にも迷惑がかかります。

 

うつ病になってからでは遅いです。

 

少しでもこの職場は合わないなと思ったら仕事を辞めるのも視野にいれてみてはどうでしょうか。

 

まとめ

 

うつ病になると身体が動かなくなり、何もしたくなくなります。

 

これを読んだあなたにはそうなってほしくありません。

 

なので私の体験を記事にさせてもらいました。

 

この記事を読んで少しでもうつ病患者が減れば幸いです。

 

他にもこんな記事を書いていますのでよかったら読んでみてください。