退職を考えるなら仕事をしながら探すほうがいい6つの理由

こんにちは、HIROです。

 

「今いる会社は超長時間労働だし、人間関係は悪いし、休みも取れない。利益もでてなくて、ここにいても将来が見えない」

 

「仕事を辞めたいけど、無収入は怖い…転職って在職中にできるもんなの?」

 

と、お考えのあなた、安心してください。

 

転職は在職中にもできます。

 

私も在職中に転職をした一人なので、気持ちはものすごくわかります。

 

行動したいけど不安で一歩が踏み出せないんですよね。

 

そんなあなたに転職するなら在職中にしたほうがいい理由を書いていきます。

 

この記事を参考に判断の目安としてください。

 

 仕事をしながら就職活動を行うと面接官から向上心があると判断される

 

在職中に転職先を見つけるというのは容易はことではありません。

 

在職中に仕事を見つける行動力がある人は、やる気に満ちた行動力のある人という印象を持たれ、採用率も高い傾向があります。

 

私自身も在職中に仕事を探した時は採用率が高かったので間違いはないです。

 

逆に仕事を辞めた後で仕事を探すと、無収入による不安で、転職活動もうまくいかなくなる可能性だって出てきますし、面接官の印象も仕事を辞めた期間が長ければ長いほど採用してもらえない可能性が高まります。

 

仕事をしながらだと転職活動にかける時間は少なくなりますが、それは面接官も充分に理解しているでしょうから、少しの融通は聞いてくれるので転職しやすくなります。

 

 転職先が決まると円満退社しやすい

 

転職活動で転職先が決まると円満退社になりやすいことも挙げられます。

 

何故なら、会社側も次の転職先が決まっていたら、なんの反論もできないからです。

 

転職先が決まっているので引き留めることもできませんし、ちゃんとした形で辞めるのなら文句も言ってこないでしょう。

 

おそらく最もいい形の転職ではないかと思います。

 

もし転職先が決まってないままで、上司に会社を辞める旨を伝えたとしたらどうでしょう。

 

きっと引き留められて上司と話し込んでいくにつれ無駄な月日が経つことも珍しくありません。

 

上司を一発で納得させるためにも転職先を決めてから退職したほうが、どちらも気持ちよく終わらせることができます。

 

転職先はハローワークに行かなくても探せる時代に

 

求人は、何もハローワークにしかないというわけではありません。

 

どうしてもハローワークに行く時間がないとしたらネットでも簡単に探す事ができます。

 

むしろネットで求人を探す方が、より多くの求人を探すことができます。

 

もしあなたが今の仕事よりも条件の良い仕事を探したいなら検索をかければ一発ででてきます。

 

キャリアアップ専門のサイトもあるので、自身にあった求人サイトを探すといいでしょう。

 

仕事をしながら転職活動するとお金の心配をしなくてすむ

 

転職活動をする上でこの問題が一番大きいような気がします。

 

やはり、転職先が見つからないまま辞めるとどうしてもネックになるのが金銭面でしょう。

 

一人暮らしだと少なく見積もっても一か月で10万円は覚悟しないといけませんし、家族を持っているともっとかかります。

 

お金の不安を抱えたまま転職活動をすると、失敗する可能性は非常に高いです。

 

というのも例えばブラックすぎて常に人手が足らない会社があったとして、その会社があなたを受け入れると言ってきたとします。

 

その時、あなたの思考がまともなら無資格、未経験の自分を採用するのはおかしいと感じるはずが、お金の不安が先にきてしまい、安易にその申し出を受けてしまうことにもなりかねないのです。

 

そうなってしまうと転職先でも働きにくさを感じ、結果転職活動が失敗したというケースもあります。

 

そうならないように、在職中に仕事を決めてしまうほうが何かとリスクは軽減するのです。

 

転職先が簡単に決まってしまったら、一呼吸置いて熟慮できる心の余裕は欲しいものです。

 

転職活動が会社にばれない

 

よく「転職活動をしたいんだけど、会社にばれないか心配」という声を聞きます。

 

結論から言えば会社にばれることはありません。

 

何故なら面接先の人もあなたが仕事をしながら転職先を探しているのは承知しているはずなので、面接時間を仕事終わりに設けてくれるので安心して面接に臨めます。

 

もし、昼からでないと面接できないという所があれば、有給を使うことも検討に入れましょう。

 

有給理由はウソをつく必要がありますが、あなたの将来の為なら止む無しだと思います。

 

有給は取れないという方でしたら、あなたのお休みに合わせてもらうよう面接先の人と話をするのもいいでしょう。

 

今の仕事内容によっては休みが決まっていない会社もあると思います。

 

私が以前勤めていた会社もそうでした。

 

月に3日~4日しか休めず、その休みもバイトのシフトに合わせるので休みが決められませんでした。

 

そういう時に私が取っていた行動は、転職するだいぶ前の段階で、休みの希望をしないということをしていました。

 

これが結構重要で、転職活動をする時は何かと休みを取らないといけません。

 

そんなときに普段から休みの希望をしていないと割とスムーズに休みを取ることができるのです。

 

もしどうしても休みが確保できないなら、こういうやり方もあることを頭にいれておいてください。

 

規則正しい生活を保ったまま転職活動ができる

 

仕事をしないまま転職活動を続けているとどうしても規則正しい生活ができづらくなってしまいます。

 

どうせ仕事をしていないんだから少しくらい夜更かししてもいいよね、という気持ちが沸き上がってしまい、朝がスムーズに起きれなくなります。

 

そんな寝ぼけ眼で面接を受けようものなら、一発で相手にばれてしまいます。

 

そういうことにならないためにも仕事をしながら転職活動を行うことで、面接官にも良い印象を持ってもらえる確率が上がります。

 

番外編:転職活動中に絶対やってはいけないこと

 

番外編としまして、転職活動中に絶対やってはいけないことを書いていきたいと思います。

 

それは、「今現在、仕事をしている会社の上司や同僚に転職活動していることを言わない・相談しない」です。

 

私も経験があるのですが、仕事をしながら転職活動をしていると、どうしても同僚や上司に言ってしまいたくなる時があります。

 

でもこれは絶対にやめましょう。

 

何故かというと、その時はそれでいいかもしれませんが、なかなか転職先が見つからないと、転職したいと言った手前、会社に居ることが苦しくなります。

 

すぐに転職先が見つかればいいのですが、そうでなかった場合、同僚や上司の目が冷たくなりイヤなレッテルを貼られかねません。

 

このケースならまだいいですが、一度転職すると伝えたのに、心変わりをして会社に居残るケース。

 

これは最悪です。

 

目も当てられません。

 

なのでそうならないように転職活動中であることは言わない方が賢明です。

 

あとがき

 

私も同じ経験をしてしまっているので、より現実味のある記事だと思うのですがどうでしたでしょうか?

 

退職したいという気持ちは仕方がないと思います。

 

考えなければいけないのは、そこからどんな未来に向かって歩んでいくのかが重要なのではないでしょうか。