職場イジメで仕事を辞めたい!|イジメられる理由とその対処法

こんにちは、HIROです。

 

学校でも職場でもイジメというのはいつの時代もなくならないものです。

 

イジメる方に問題があるのかいじめられる方に問題があるのか…

 

それはその時々によって変わるので一概に言えません。

 

ではなぜイジメられるのでしょう?

 

それにはきっと原因がはるはずです。

 

それを一つ一つひも解いてみたいと思います。

 

私も学校や職場でイジメられた一人なのであなたの気持ちは痛いほどわかります。

 

イジメられる原因が分かれば対処のしようもあると思うので、イジメられる原因をまずは見ていきましょう。

 

後半はイジメの対処法などを載せておきます。

 

少しでもあなたの悩みが解決してくれるのを望んでやみません。

 

 職場でイジメられる原因

 

コミュニケーション不足

 

まずイジメられる原因の第一位といってもいいのが同僚や上司とのコミュニケーション不足です。

 

コミュニケーションがちゃんと取れている職場ならイジメという低俗な行動は起こしません。

 

普段から職場の上司や同僚とあいさつはしていますか?

 

何気ない会話を楽しんでますか?

 

イジメにあうのは結構奥手だったり話下手だったりする人が多いです。

 

かくいう私も奥手なのでよくわかります。

 

常日頃からあいさつをしていれば、悪くは思われないでしょうから最低限あいさつと軽いお話なんかはしておく必要があると思います。

 

仕事が覚えられないことによるいじめのケース

 

特に新人や中途採用の人なんかはイジメられやすいですね。

 

原因はいつまでも仕事を覚えられないためです。

 

何度言っても仕事が覚えられないと、相手も人間ですのでイラっとします。

 

その小さな重なりがやがてイジメへと発展するケースも珍しくありません。

 

新人はまだいいですが、中途採用の人はせっかく転職に成功したと思ったら、また人間関係で悩むことになるのです。

 

それを考えたらやるせなくなります。

 

中途採用の人は即戦力を期待されてますので覚えが悪かったりするとたちまちイジメの標的になります。

 

そういうイジメが発生しそうな職場というのは普段から職場の雰囲気が悪いので、毛色の違う人が入社してくると叩きたがる習性があります。

 

かといってそういった職場は上司も普段から意地悪な人が多いので、仕事を教えてくれない人もたくさんいます。

 

そこは頑張らないといけないところかもしれません。

 

リーダー核に嫌われる

 

職場にはだいたい一人か二人はリーダー格の人がいます。

 

女性の場合はお局様(おつぼねさま)ですね。

 

その人に嫌われたら集団で攻撃してきますので注意が必要です。

 

リーダー核の人は、自分が少しでも気に食わないと、コミュニケーションをとってくるどころか相手を攻撃するという低俗な行動を取ってきます。

 

このケースに多いパターンは誰にも助けを求められないことです。

 

これが一番やっかいです。

 

他の人もリーダーを刺激しないように振る舞うため、助けを求めても知らぬふりをします。

 

そうなってしまってはどんどん孤立していってしまい、身動きが取れなくなります。

 

職場にリーダー核の人がいれば、付かず離れずでやりすごすほうがいいのかも知れません。

 

なめられやすい人はイジメがエスカレートしがち

 

身体面や精神面で人より劣っている人はなにかとなめられがちです。

 

なめられるとどうなるかというとそのままイジメに発展しやすいです。

 

最初は軽くいじられるだけだったのが、反応が面白いのかイラつかせたのか、段々過激になってきて、気付けばイジメられているケースです。

 

このケースは特にこちら側は何もしていないのですが、身体的、精神的に劣っていることをいいことに、触れられたくない部分を攻撃してきます。

 

これも非常にやっかいです。

 

こういう人は周りに助けを求められる人も少なく孤立してしまいます。

 

社内の空気に馴染めない

 

これは体育会系の男性の職場にありがちなのですが、明らかに自分の性格とは合わない職場に配属された時に起こります。

 

例えば、朝礼で大声の発声練習をさせられたり、社訓を読まされたり、自分はここの会社の空気は合わないなと思う職場では、良い待遇はされません。

 

あなたが体育会系であれば問題ないのですが、そうでない場合はだんだんと居づらくなります。

 

居づらくなればどんどんと職場の人のあなたに対する態度が豹変し始め、最終的にはイジメに発展するケースが増えてきてます。

 

 

イジメられた場合の対処法

 

ここからはイジメられた時の対処法を書いていきたいと思います。

 

いじめられてしまったら仕方ないので、次の行動をどう取るかであなたの生活環境が劇的に変わる可能性があります。

 

では見ていきましょう。

 

仕事を辞める

 

イジメの程度が頑張り次第でどうにかなるなら別ですが、イジメは気付けば集団で攻撃してくることがほとんどであり、助けを求める相手もいないのでしたら、最終手段としての退職は止む無しかもしれません。

 

仕事に従事した期間にもよりますが、転職先にイジメのことさえ隠しておけば再就職も充分に可能だと思うので、検討の余地はあります。

 

ここで無理をして、体を壊すことのほうが、デメリットが大きいです。

 

身体的なダメージよりも精神的なダメージは治りが遅いため、手遅れにならないように迅速に対処するのがいいと思います。

 

同僚や上司に相談する

 

この対処法は、あくまでイジメの初期段階と捉えてください。

 

イジメは進行していけばいくほど手が付けられなくなるため、最初の段階での処置が重要になってきます。

 

もし、同僚や上司に相談できる相手がいないのでしたら、職場のイジメやパワハラを専門にしている相談窓口があるので、そこに電話してみるのも手でしょう。

 

こころの耳

 

仕事を人一倍する

 

イジメられる原因は、あなたが人より劣っているからだと考えることもできます。

 

という事は、劣っている部分を見せない様に人一倍仕事に没頭してみてはいかがでしょうか。

 

この方法は成功すれば、誰にも文句を言わせないと同時に上司や同僚からも一目おかれることになります。

 

くだらないイジメなんかに気持ちを左右されるより、目の前にある仕事を片付けていく方が、案外近道なのかも知れませんよ。

 

あとがき

 

度々記事に書いたように、私もずいぶんとイジメられた経験があります。

 

それこそ小学校、中学校、職場とイジメられた経験で言えば人より他の人より多いのではと感じる時があります。

 

いつも考えるのは「自分はこの世に入らない子なんじゃないか?社会不適合者なのではないか」と思うことです。

 

でもこうやって記事を書いて自分の言いたいことを発言できるようになってから、少しづつではありますが、自分に自信が出てきて、自分を受け入れる基盤ができたような気がします。

 

誰かに自分の気持ちを分かってもらえると少しは気持ちも軽くなると思います。

 

私でよければいつでも相談に乗りますので、お気軽にメールをください。

 

苦しんでいるのはあなただけではありません。

 

今の現状を突破できるように少しでも力になれれば幸いです。