もう限界…会社のストレスで気が狂いそう…と感じているあなた|仕事を辞めることは本当に甘えなのか?

こんにちは、HIROです。

日々会社のストレスに見舞われているあなた。このまま仕事を辞めることができればいいのにと思ったことはないですか?仕事を辞めればすべての煩わしい関係から解放されるのに、いざ仕事を辞めようと思っても二の足が踏めない、または仕事を辞めることは甘えなのではないか?と考えてしまい、なかなか行動に移せない人もいるでしょう。

では、仕事を辞めることは甘えなのでしょうか?この問いの答えは「Yes」でもあり「No」でもあります。

というのも、仕事を辞める理由はさまざまな事情があるからです。ではどういった理由が甘えなのでしょうか?それを踏まえ、今回は仕事を辞める理由が甘えなのかそうでないのかを書いてみたいと思います。もしあなたの、仕事を辞める理由が甘えでないのなら、仕事を辞めることを前向きに考えてみてもいいかも知れません。

 甘えではない仕事を辞める理由

まずは甘えではない仕事を辞める理由を見ていきます。この項目に当てはまる人は、早急な対応をする必要があります。我慢し続けると、うつ病になる恐れがあるので、早めに処置をしてください。

 会社に対して未来が見えない

あなたが長く働く会社が将来の見えない職場だとしたら、少し考えたほうがいいかもしれません。この理由は甘えというよりも会社そのものに問題がある場合が多く、決して甘えた理由で辞めるとはなりません。

例えば、会社全体の意識改革が必要なのに上司や会社が何も動かない、十年後の自分を想像しても給料が上がるとは思えないなど、自分自身ではどうすることもできない状況の場合、仕事を辞めるのも理由として仕方ないと思います。

セクハラ・パワハラを受けている

仕事を辞める理由で一番多いのが人間関係です。逆に言うと人間関係さえうまくできていれば、大抵の仕事はこなせると言っても過言ではありません。そんな人間関係において、セクハラ、パワハラを受けるようになると、一人ではどうしようもできないことが多いです。相談ができる上司や同期の人がいるのなら話は別ですが、そうではなくて一人でこの問題に立ち向かわなければならない場合、仕事を辞めることは決して甘えではないと思います。

私も経験がありますが、セクハラ、パワハラを受ける孤独感は半端なく辛いものです。この状況を打破するために起こす行動としての退職は致し方ないと思っています。しかし、退職は最後の手段と思ってください。今の現状で、打開策があるならそれに越したことはないですし、無理に仕事を辞める必要はありません。あなたがどうしても打開策が浮かばない、死にたくなるほど辛いというのであれば仕事を辞めるほうがよっぽどいいです。

うつ病を発症し、仕事を辞めないと治療できない

うつ病を発症した場合、症状にもよりますが、仕事を辞める理由としてはアリだと思います。私の場合、うつ病を発症して、心療内科に通ってるんですが、その時に言われた症状が「軽いうつ病」という診断でした。そのため、仕事を辞めずに薬を服用して働いていたことがあります。

症状が軽く、仕事を続けながらでも治療できるのであれば仕事を辞める必要はありませんが、そうではなくて非常に重度のうつ病で、尚且つ生活保護を受けながらでないと生活できない状態であれば、それは甘えではなく立派な、仕事を辞める理由になります。重度のうつ病になった場合、無理をせず、自宅で安静に療養しましょう。

自分がうつ病と気付かずに普通に仕事をしている人が、何の気もなしに、電車のホームから足を一歩踏み出すといったことが最近増えてきています。そうならないためにも自身の身体の不調をいち早く知っておくのも大事だと思います。

会社にいて改善できるならその方がいい

会社を辞めると収入が無くなるので、仕事を辞めないに越したことはありません。仕事をしながら改善できる所は改善し、それでも改善が難しいなら最後の手段として仕事を辞めることも視野にいれておくといいでしょう。

例えば、会社の気風が合わない会社に入社してしまったとしたら、改善策として、ネットでよく開催されている異業種交流会などの催しに足を運んでみてはどうでしょうか?そこには他業種の人と交流を持ちたい人達が集まっているので、そこで新たな仲間を作って交流を持つことで、会社のストレスを和らげることもできるかも知れません。

このように、改善できるところはいくらでもあります。あなたと同じ悩みを持っている人は案外多いので、まずは悩みを共有できる人を探すのもいいかもしれませんね。

まとめ

今回は仕事を辞める理由が甘えなのかどうかについて書いてみました。甘えでない退職理由として、

  • 会社に対して未来が見えない
  • セクハラ・パワハラを受けている
  • うつ病を発症し、仕事を辞めないと治療できない

こういった理由で仕事を辞めたいとお考えの方は、決して甘えではありません。充分に考えた上で退職も視野に入れて考えてみてください。