そもそもSEOって何?その意味と語源

こんにちは、HIROです。

 

SEOとは「Search Engine Optimization」(サーチ エンジン オプティマイゼーション)の略であり、日本語に直すと「検索エンジン最適化」という意味になります。

 

検索エンジンがWebサイトを読み込みやすいようにクローラーというロボットが常に監視しています。

 

そのクローラーに特定のキーワードをいれたサイトを巡回してもらい、キーワードの上位表示をしてもらうための技術を言います。

 

 

SEOとは何か?

 

例えば皆さんはパソコンやスマホなどで検索機能を使って調べものをするとします。

 

その時に「東京 スイーツ」などの語句を検索キーワードとして打ち込み、検索するのではないでしょうか?

 

でもせっかく検索キーワードで検索したい情報が、本当に検索したい情報でなかったとしたら、そのサイトはすぐに閉じてしまうことでしょう。

 

そうならないためにサイト製作者は意図して検索者の探したい情報とマッチさせるようにSEOを使うことで相互の食い違いを無くしていくというのがSEOの本質です。

 

つまりYahooや、Googleなどで検索されたときに自分のサイトを上位表示させる方法がSEOなんですね。

 

ただし、SEOを端から全部施せば必ず上位表示されるというものでは無いということを認識しておく必要があります。

 

しかしながら現在もSEO対策は有効な手段ですので積極的に取り入れた方がいいですね。

 

 

様々なSEO対策

 

SEOの対策には様々なものがあり、一言では言い表せないほど色々あります。

 

中には、ディレクトリやHTMLのタグの付け方、文字のサイズ、配置の場所に加え、カラーの調整やデザイン的なことまで、あげればキリがありません。

 

そこまでやるのはおそらくSEOに特化したサイトくらいだと思いますので、初めてサイトを作る人はそこまでしなくていいと思います。

 

最初はオリジナルコンテンツを作ることを心がけ、慣れてきたら内部SEOなどにも手を伸ばせばいいのではないでしょうか?

 

そこでSEO対策を一つ挙げるとするなら、自身のサイトのコンテンツにできるだけ自然な形で上位表示させたい語句を散らばせることで、「このサイトは有益な情報が書いてあるサイト」だとクローラーに認識してもらえるので実践してみてはどうでしょう。

 

ただこのクローラーですが、日々賢くなっているので不自然に詰め込まれた語句はSEO対策で入れられたものだと判断し、逆に順位を落としてくることもあるので注意が必要です。あくまで自然に入れることで順位も上がってきやすくなります。

 

 

絶え間なく進化し続ける検索エンジン

 

先ほども書きましたが、検索エンジンは今も日々進化し続けています。

 

何年か前までは上位表示されていたSEO対策が今では使われなくなったものもざらにあります。

 

ですのでSEOを勉強される方はなるべく最新の情報で勉強されたほうが後々楽だと思います。

 

とはいえ、SEOの仕様もどんどん変わってきているのでこまめなチェックも必要になってきます。

 

常に最新の情報を得られる環境は用意したいものですね。