ブラックハットSEOとホワイトハットSEO

こんにちは、HIROです。

 

ECサイトやアフィリエイトサイトを運営する際に、検索エンジンの上位表示を目指すんですが、その検索エンジンSEOでよく聞く言葉があります。

 

それが「ブラックハットSEO」と「ホワイトハットSEO」です。

 

では、それぞれ何が違うのか調べてみましょう。

 

ホワイトハットSEOとは?

 

ホワイトハットとは、ユーザーに適切な情報を与えている、ユーザーにとって何が有益であるかを常に考え、運用しているサイトの事を言います。

 

しかし、いくら有益な情報を提供していてもSEO対策を怠っていれば残念ながら順位は上がっていきません。

 

そこで、GoogleやYahoo!が提供しているガイドラインがありますのでそれを参照してSEOを高めていきましょう。

 

Yahoo!検索サーチインフォセンター

 

Googleウェブマスター向けガイドライン

 

ブラックハットSEOとは?

 

主にYahoo!やGoogleが認めていないやり方で上位表示をさせる行為です。

 

これは、見つかり次第一瞬にして圏外へ飛ばされますので絶対にしないでください。

 

ブラックハットの反則行為は多岐にわたり、イタチごっこの様相を呈してます。

 

そこで有名なブラックハット行為として一部を紹介したいと思います。

 

隠しテキスト

 

例えば画面には表示したくない相互リンクのURLなどをCSSのcolorで背景色の白と同化させて見えなくする行為です。

 

もし変なスキマがあればドラッグをすると何か見えるかも知れません。

 

隠しリンク

 

<a href=”#”>.</a>のように「.」にリンクを貼る行為。

 

一見して分からない様に貼るのがミソです。

 

クローキング

 

これは特殊ですが、簡単に言うと1つのサイトに検索エンジンからきたユーザーの画面と検索ロボット「クローラ」が来た時の画面が

違うようにすることを言います。

 

これは、主に「クローラ」に対して健全なサイトであるように細工をし、ユーザーにはアダルトサイトなどを表示させるものです。

 

このように、様々なブラックハットがあります。

 

何度も言いますがこれは決して使わないでください。

 

あくまでも我々アフィリエイターの使命は検索してくるユーザーに適切な情報を明確に示すことです。

 

そこを忘れずに運用をしていってもらいたいと思います。