副業で月132,000円を稼ぐ方法|クラウドソーシングサービス『CROWD』の評判と使ってみた感想

こんにちは、HIROです。

 

アフィリエイトをやっていると、収入に結びつくまで時間がかかるので途中で飽きてしまう人も多いですよね。

 

そこでなるべく時間を使わずに、お金を得る方法をご紹介します。

 

ネットで稼ぐ体験をしてみると、稼ぐ実感が湧いてきてモチベーションの維持にもなります。

 

アフィリエイトと並行していくのがいいでしょう。

 

今回紹介するのは、クラウドソーシングサービス「CROWD」です。詳しく見ていきましょう。

 

 クラウドソーシングサービスCROWDとは?

 

CROWD

 

CROWD

 

CROWDとは、ネットでアップされいる記事の代行、又は依頼を一括でしてくれるサービスです。

 

CROWDサービスはアフィリエイターにとって必ず利用するサービスなのでしっかりポイントを押さえておきましょう。

 

クラウドソーシングサービスは、他にも色々あるんですが、ポイントサイト「げん玉」を運営している、株式会社リアルワールドがサービス提供をしていることで、ポイントを共有することができます。

 

換金率は他クラウドソーシングサービスより低めに設定されていて、10ポイント=1円となっています。つまり、2,000ポイントなら200円ということになります。

 

 記事依頼代行サービスとして依頼する

 

CROWDには主に二つのサービスがあり、「記事依頼代行サービス」と「記事作成代行サービス」です。まずは「記事依頼代行サービス」からみていきます。

 

記事依頼代行サービスとは、アフィリエイターがよく使うサービスで、記事を書く手間を代理させたいときに使います。

 

SEO対策にも強く、納品頻度も早いので利用者は多くいます。

 

記事の単価は1文字=0.6円~となってまして、仮に400文字を100記事受注したとしたら、

 

0.6×400×100記事で、24.000円ほどかかる計算になります。

 

お金で時間を買うということなら相応な値段ではないかと思います。

 

ですが、1文字0.6円というのは水準からしてもかなり安いのでクオリティも当然低いものになります。

 

他サイトの感想を聞いてみると、100記事受注して、使える記事は2記事しかなかったなどの嘆きの声がちらほら届いています。

 

単価を上げればそれなりの記事には仕上がると思うのですが、いづれにしてもメインサイトに使うのはいささか気が引ける内容となっています。

 

低クオリティでいいなら、メインサイトに持ってくるというよりサテライトサイトとしての役割に使う方が賢明でしょう。

 

ただ、記事の作成者は一人が請け負うものでは無く何百人という人たちが一気に記事作成して納品されるので、納品は早いですが、記事の内容に一貫性はありません。

 

それでもいいなら利用する価値はあるでしょう。

 

そもそもクラウドソーシングサービス自体プロではなく、後に記述する素人さんが作成するのでどうしてもクオリティは低くなります。

それがどうしても我慢ならないというなら1文字5円くらいのプロに頼む方が無難でしょう。

 

私の見解だと高すぎて手が出せないですが…稼げるようになったら断然プロに頼むほうがいいので検討してみてください。

 

記事作成代行サービスとして登録する

 

対して、記事作成代行サービスは何かというと、簡単に言えば依頼された受注内容に沿って記事を書いていくサービスになります。

 

記事作成代行サービスは、誰でも手軽に登録することができ、主にポイントを稼ぎたい人が登録します。

 

代行者はあくまでポイントが欲しい=お金が欲しいという人なので、クオリティはあまり気にしません。

 

クオリティを上げてもポイントに反映されないからです。

 

ここがプロと素人の気持ちの違いというところですね。

 

ポイント単価は記事作成の内容にもよりますが、2,000ポイント~3,000ポイントくらいが相場です。

 

お金に換算したら1記事400文字として計算した場合、200円といったところでしょうか。

 

ただ、注意したいのはあまりに低クオリティなものをあげてしまうと、CROWD側がNGを出してくることもあります。

 

NGをだされたら記事作成に費やした時間が無駄になりますので、なるべく丁寧な記事を作成するようにしましょう。

 

では、記事作成代行サービスで生計が立てられるかを見ていきましょう。

 

CROWDのサイト内にデイリーランキングというものがあり、一日でどれだけ稼いだのかがランキング形式でみれるようになっています。

 

それを見てみるとだいたい一日で稼ぐポイントは、63,000ポイントなので円に換算すると、6,300円です。

 

アルバイトでみてみると、時給900円だとして8時間働くと得られる金額は7,200円なので、少ないといえば少ないです。

 

仮に21日作業をしたとして132,300円稼げる計算になります。

 

しかし、家にいてパソコン作業だけでこの金額は中々のものと言えます。

 

とは言えこの金額で、生計を立てていくにはかなり厳しいと言わざるをえません。

 

やはり記事作成も副業として割り切って、利用するほうがいいでしょう。

 

あくまで記事作成サービスは自身のライティングスキルを上げて、なおかつ少しでもお金になるんだということを認識させる程度でいいと思います。

 

本業をアフィリエイトに置くなら記事代行を依頼することも多いでしょうから記事代行の裏側を見るという意味でも一度は利用しておきましょう。

 

記事作成の他にもデータ入力や写真撮影など、仕事は多岐にわたりますが、費用対効果を考えるとアフィリエイターさんは記事作成のみでいいと思います。

 

 あとがき

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回はクラウドソーシングサービスの中でも、CROWDをピックアップした内容にしましたが、他のクラウドソーシングサービスもほぼこういったシステムだと考えていいと思います。

 

またこれからも副業やクラウドソーシングサービスに関しては記事を上げていこうと思いますので参照してもらえればと思います。