【実例つき】無料画像編集ソフト Pixlr Editor(ピクセラエディター)でロゴ画像を作成する

こんにちは、HIROです。

先ほど別記事で、賢威8を使ってロゴ画像のアップするやり方を書いたんですが、その中でロゴ画像の作成方法を知りたいって方のために、ロゴ画像の作成方法を記事にしたいと思います。

ロゴ画像を編集するにあたっては、有料のPhotoshopがあればいいんですが、プロ向けのソフトなんでめちゃめちゃ高価です。

なので今回はPixlr Editorという無料の高機能画像編集ソフトを使ってロゴ画像を作っていきたいと思います。

実例も兼ねているので、画像編集の参考になれば幸いです。

Pixlr Editorとは

Pixlr Editor

先ほども書きましたが、Pixlr Editorとは無料で使える高機能画像編集ソフトです。

オートデスク社が運営しており、無料版と有料版があります。

使える機能も、有料画像編集ソフトにも引けを取らないくらい様々なことができます。

例えば、

Pixlr Editorの機能
  • レイヤー機能が使える
  • 画像の明るさ調整の種類も豊富
  • ノイズやシャープ、ぼかしなどのフィルターも充実
  • Photoshopの拡張子PSDも読み込める
  • Photoshopでできるほぼすべてが無料でできる

他にも色々な機能がありますが、ロゴ画像を作成する際にご紹介します。

HIROもそうだったんですが、結局画像編集ソフトの機能を一から覚えても使えなきゃ意味ないんで、機能を覚える時間があるなら一つでも多く制作物を作っていった方がよっぽど早く上達できます。

今回手掛けるロゴ画像もそこまで難しい機能を使ってないんで、「あっ、こんなもんか」って思ってもらえたら記事にした意味もあるってものです。

では早速やってみましょう。

ロゴ画像の作り方

ロゴ画像を作る前に簡単な手順を挙げておきます。

ロゴ画像の作り方
  • 自身のコンセプトにあったフリー素材を探す
  • Pixlr Editorで編集する

文字にするとものすごく簡単そうに感じますね^^

一つ一つ見ていきましょう。

ロゴ画像を作成するのに大切なコンセプト作り

ロゴ画像を作成する時に一番最初にやってほしいのがコンセプト作りです。

コンセプトがしっかりしてないと軸がぶれてしまい、よくわからないものを作ってしまいがちです。

そうならないようにコンセプトをよく考えながら、構図を練っていきましょう。

因みにHIROが作ったロゴ画像はこちらです。

アフィリエイトで稼ぐ|30代で会社を辞める方法!

このロゴ画像のコンセプトはブログタイトルにちなんで、アフィリエイトで仕事を辞める解放感と自由の象徴に翼のモチーフを、金を稼ぐというところで色を金色で統一してみました。

構図はシンプルながらも統一感がでているのが分かります。

このようにまずコンセプトを決めてから取り組むとスムーズに作業に取り掛かれるので余計なことを考えなくてすみます。

もし、コンセプトが浮かばないって方がいましたら、一度大手の会社が作っているロゴ画像を参考にしてみてはいかがでしょうか?

大手のロゴ画像には会社の信念や理念が含まれていることが多いため、大変勉強になるんで一度見てみてください。

『○○(会社の名前)+ロゴ』

で検索すれば結構でてきますよ。

ロゴ画像作成に必要なフリー素材を探す

では次は、ロゴ画像にあった素材をフリー素材で探してみます。

フリー素材のサイトも色々あるんですが、今回はロゴ画像なのでシンプルにフレーム枠を主に置いてくださっているこちらのサイトを利用させてもらいました。

Frame Design

Frame Dsignさんでロゴ画像のコンセプトにあった画像を探してみます。

アフィリエイトで会社を辞めるコンセプトに照らし合わせてちょうどいい素材があったので翼をかたどったこちらの素材を使わせていただきます。

素敵なデザインに感謝してこちらを使わせてもらいましょう。

Pixlr Editorを使ってロゴ編集をする

Pixlr Editor

先ほどご紹介したPixlr Editorを使って画像編集をします。

といってもとても簡単な作業なのですぐにできますよ。

まずはPixlr Editorを開き『CREATE A NEW IMAGE』をクリック。

今回、ロゴ画像の大きさは少し小さめの横300×縦75で作成します。

なので、『Width』に『300』、『Height』に『75』と入力して『OK』をクリックしてください。

すると次のような画面が出てきます。

真ん中の白いスペースがロゴ画像の作業スペースになります。

でも、今のままだとすべての文字が英語表記なので日本語表記に変えたいと思います。

上のタブの『Language』タブをクリック、『日本語』を選ぶと日本語表記になります。

ちゃんと日本語表記になりましたか?

日本語表記になったらいよいよ作業に入ります。

まず、先ほどのフリー素材をレイヤーとして持ってくるために、上のタブから『レイヤー』、『画像をレイヤーとして開く』を順番にクリック。

クリックすると先ほどのフリー素材がレイヤーとして表示されるんですが、今のままだと少しばかり大きいようです。

フリー素材の画像を小さくしてみましょう。

上のタブから『編集』を選び、『自由変形』をクリックします。

すると水色の四角と線に囲まれた枠がでてくるので、右下の水色の四角をパソコンのキーボードの『Shift』キーを押しながら画像のサイズを適宜変更してください。

画像サイズを小さくできたらパソコンのキーボード『Enter』をおして確定してください。

このままでは真ん中にテキストを入れる隙間がないので、片翼ずつ左にあるパレットの『一列選択ツール』を選択してコピペしていきます。

その時にそれぞれの翼を別のレイヤーを使ってペーストしたいのでそのままペーストをすると自動的に別レイヤーにペーストしてくれます。

二つの翼がペーストされている『レイヤー2』をレ点チェックを外して非表示にします。

この工程で翼が個別のレイヤーにそれぞれ一つずつペーストされたので、それぞれのレイヤーを選択して、左のパレットにある『移動ツール』を使って適宜移動させて文字の入りやすい位置に配置します。

左のパレットの『タイプツール』を使いテキストを入れていきます。

今回入れるテキストはロゴ画像に使いたいのでブログタイトルをいれます。

ここまで来たらあともう一息です。

テキストの色を翼の色と同色の金色にします。

やりかたは左のパレットで『カラーピッカーツール』を使います。

『カラーピッカーツール』はいわゆるスポイトの役割があり、画像の色を抜き取ってくれます。

まず、テキストボックスを表示させて、その中で『色』をクリック。

するとカラーピッカーが開くので、カラーピッカーを開いた状態でパレット左の『カラーピッカーツール』を使って翼の色を採取し、テキストに適用してください。

『カラーピッカーツール』で色を採取したら『OK』をクリックします。

上手く色を採取できましたか?

後は画像を保存して終了です。

記事にすると結構長いように感じますが作業自体は非常に簡単なので参考にしてくれれば幸いです。

まとめ

今回はブログの顔であるロゴ画像の作成手順をご紹介しました。

ロゴ画像がどうしても作れないという方はクラウドソーシングに頼むのも手ではあるんですが、コストが高くなかなか手が出せないのが実情です。

それだったら自分で作った方が思い通りのデザインにもなりますし、コストも抑えられるってことで、できるだけ自分で画像作成できるスキルがあると便利です。

アフィリエイターで稼ぐとなればそれこそたくさんの画像がいるので画像編集ソフトはぜひ習得してみてください。