ブログ

ホントにブログで書き始める挨拶はそれでいいの?効果的な挨拶の使い方4選

アフィリエイト初心者ちゃん
ブログを書き始める時の挨拶っていれたほうがいいの?意味あるのかな?
お困りのようだね、初心者ちゃん。では、ブログを書き始める時の挨拶について考えてみようか
ヒロ

こんにちは!ヒロ(@HIRO75493979)です!

今回は、ブログ記事を書き始める時の挨拶について深掘りしてみます。

この記事を読んで解決できること

  1. ブログを書き始める時に挨拶をするメリットデメリット
  2. 挨拶の効果的な使い方4選
  3. ブログの挨拶でやってはいけないこと3選

 

ブログを書き始める時の挨拶をするメリット

ブログを見ていると挨拶をしている人とそうでない人がいますが、どれも一長一短があり、どちらを選ぶかはブログ運営者次第ということになります。

では、どちらがいいのかをメリットデメリットを交えてお伝えします。

読者に名前を覚えてもらいやすい

悩みを検索した読者が記事を読むときに最初に挨拶がくると、どんな人が悩みを解決してくれるのかが一目瞭然でわかりやすいというメリットがあります。

どれだけその記事に、悩みに即した良い解決策が書いてあったとしても作者不明の状態では少々居心地が悪いですよね。

これはリアルの場で初対面の人と話すことを想像してもらうとイメージがつきやすいと思います。

初対面の人にいきなりプライベートな悩みを打ち明けませんし、悩みを解決してもらおうとも思いません。

まずは、挨拶をして、自己紹介を済ませた後で自分にとっていい人かそうでない人かを判断するはずです。

ブログも同じで、まずはブログ運営者が自分の悩みを解決できるかどうかの判断をしてもらうためにも挨拶は必要ということです。

ポイント

名前を覚えてもらうのは基本♪好印象な自分を出してみて

ブログが有名になったらブログ名と名前を検索してもらえる

よくラッコキーワードなどの関連キーワード取得ツールを使うとたまにブロガーさんの名前が上がるときがあります。

これは、検索ユーザーがブロガーの名前を覚えていて、検索しているということです。

普通、悩みを解決しようと開いたブログを誰が書いたなんて覚えてませんよね。

でも、悩みを解決するたびに同じ人のブログ、同じ自己紹介の挨拶が始めにきていたら、その気はなくても覚えてしまうのではないでしょうか?

僕も有名ブロガーさんの名前はよく覚えているよ
ヒロ

それほど、ブログの書き初めの挨拶は重要だということですね。

ポイント

有名になるまでブログを頑張って育てていこう♪

挨拶をすることで手紙を書くようにスムーズに記事が書ける

よくブログ初心者にありがちなのが、

アフィリエイト初心者ちゃん
ブログってどうやって書き始めたらいいかわかんない…書いているうちにまとまらなくなっちゃう…

こんなところではないでしょうか。

その悩みを、挨拶をすることで解決できたら素敵だと思いませんか?

どうして、挨拶を先に書くと記事がスムーズに書き始められるんでしょう。

答えは簡単で、挨拶をすることで、まるでリアルで会って会話をしているかのような感覚になって文章がスラスラと出てきやすくなるからです。

パソコンとにらめっこしていると、どうしても思いつかなかった文章も、実際に会話をしているような感覚で文章を書くことができれば、文体に大きな差があるのは分かっていただけるのではないでしょうか。

実際に僕も今現在記事を執筆中なんですが、挨拶をすることで、まるで誰かとお話をしているような感覚になっていて、とてもスムーズに記事が書けています。

これには多少訓練が必要でしょうが、なれると驚くほど速く文章が打てるようになるので習得することをおススメします。

ポイント

相手の事を想像して書くことが執筆上達のための近道だよ♪

ブログのファンがつきやすい

挨拶をすることであなたの名前を覚えてもらいやすくなるため、ファンがつきやすいです。

映画を観てても思うんですが、主人公の名前が作中にあまり出てこないと、見終わった直後に主人公の名前が出てこない時があります。

対して、意識的にキャラの名前を入れている脚本家のシナリオでは、主人公だけでなく、ヒロインや他のキャラの名前も覚えているものです。

それだけ挨拶には重要な要素があるということです。

選挙の時期になると議員さんがやたら自分の名前を連呼するのも、名前を脳にすり込ませる(インプリンティング)ための戦略です。

それを踏まえると、何度も記事中に挨拶をいれることで、それを読んだ読者に共感を持ってもらいやすくなります。

また、あなたに共感を持った読者は、だんだんあなたのブログとあなたのことが気になり、コメントやいいね!を押してくれるようになります。

全てのエンターテインメント(漫画やアニメ、音楽など)はファンがいてこそ成り立つものなので、今後ブログを育てて行こうと思うならファン獲得にも努める必要があります。

こういう観点からも挨拶は是非取り入れていきましょう。

ポイント

ブログもエンターテインメントとして取り組むとコンテンツの大事さがわかるよ♪

ブログを書き始める時の挨拶をするデメリット

それではブログを書き始める時の挨拶をするデメリットについてご紹介します。

SEO的に記事の上部は評価されやすい場所

SEO的に言うと記事の上部は記事の中でも評価されやすい場所です。

評価されやすい場所で、わざわざ意味のない挨拶をするよりは、キーワードなどを入れて評価をあげるべきというのがブログの書き初めに挨拶をしない人の解釈です。

これはこれで間違いではないので、SEOで不利になることが嫌なら挨拶はするべきではないですね。

ただ、ブログは本来、SEOを気にして記事を書くものではなく、自分の思いや気持ちを素直に記事に書いていくことが本文であると思います。

その中で、SEOを気にしすぎると書きたいことが書けなくなり、結果ブログ更新を止めてしまう要因にもなりかねません。

実際に僕も、SEOやらwebライティングやらアフィリエイトやらを勉強しすぎて、記事の更新が止まってしまったことがあります。

こうなると本末転倒なので、慣れてくるまでは自分の思ったことを書いていくのがいいです。

SEOはその後でも結果はついてきますので、最初は記事の更新をやめない。継続して記事を更新し続ける方がいいですね。

ポイント

最初は継続が大事♪まずはブログを続けよう♪

早く情報が知りたい読者の離脱の可能性

せっかく数あるブログから自分のブログに遊びに来てくれた読者に離脱されるのは避けたいところです。

記事の最初の部分に読者が読んでためになる、悩みを解決してくれる内容が書いてあるというのがわからなければブログの離脱にもなりかねません。

挨拶を冒頭にいれることで、わずらわしさが先にたち、離脱する人がいるかもしれません。

そうならないように、挨拶を入れながら、あなた(読者)にとって有益な情報がありますよ。悩みを解決できますよというところを書いていくと離脱は防げます

なるべく挨拶は軽めに、記事をぐいぐい読ませるライティングをするように心がけましょう。

ポイント

せっかく来てもらった読者にはブログを読んで、楽しんでもらいたいよね♪

挨拶の効果的な使い方

ここでは効果的な挨拶の使い方をご紹介します。

TwitterやFacebookにリンクを送る

僕もやっていますが冒頭のこの部分。

こんにちは!ヒロ(@HIRO75493979)です!

ここでTwitterにリンクを貼っています。

Twitterにリンクを貼ることで、「このブログ運営者はどんな情報を発信しているんだろう?」と興味を持ってくれた読者がTwitter内でフォロワーになってくれるかもしれません。

フォロワーになるということは、=ファンになるということなので、ファン獲得のためにもTwitterやFacebookのリンクは貼るようにしてください。

ポイント

逆にSNSからブログに誘導することも忘れずに♪

名前だけではなく肩書きを入れると信憑性が高まる

記事の冒頭に名前をいれるなら名前だけではなく肩書きを入れると信憑性が高まります。

例えば、イラストを得意としたブロガーさんなら「イラスト漫画家○○です」や、

Webライターを本業でしているかたなら「本業でWebライターをしている○○です」など、自分が持つ長所や特徴、得意としている部分をフォーカスして名前とともに紹介していくことでブログとあなたの信用度を得ることができます。

ポイント

自分の身の丈に合った肩書きをいれていこう♪

簡単に実績を書くことでブログの信頼性が増す

上記の記事と同じような理由で、あなたのブログや本業での実績を書いておくとGoogleが推奨する信頼性が増します

例をあげるなら、「ブログアフィリエイト歴○○年、年収○○万の僕がブログアフィリエイトについてご紹介します」などと挨拶で書いておくと「この人のいうことは間違いない」「信用できる」となって信頼され、ファンがつきやすくなります。

ブログはファンを上手く取り入れることもスキルの一つとして重要視されますので、実績がある人は是非書くようにしましょう。

ポイント

実績のない初心者の人は実績がでるまで書くのは控えましょう♪

前置きに面白いエピソードを交えながら挨拶をする

この手法は主にテレビのバラエティ番組などで取り上げられるやり方ですが、ブログの書き初めの挨拶に適しているのでご紹介します。

このやりかたは挨拶の前に軽くジャブのような形で面白いエピソード(小話)を紹介してブログ記事の入り口を入りやすくするためのものです。

やりかたは、例えば「先週、仕事終わりに寄ったお店が早くに閉まっており、一人寂しく家で晩酌をした○○です」のように、少しユーモアのある語り口調で日々起こったことを小話にして挨拶をすると、同じような体験をした読者が「あ、この人も同じ経験をしたんだ」と思ってもらえることができれば親近感が湧き、以降再びブログに訪れる可能性もでてきます。

ブログの基本はあなた自身にファンを付けていって、収益をあげるやりかたが一般的です。

そのためにもファンを一人でも獲得できるようにブログの書き初めの挨拶は手を抜かない方が、結果収益を伸ばすことができるのでオススメです。

ポイント

面白エピソードを書くことで読者との距離は一気に縮まるよ♪

これだけはやってはいけない!ブログの書き初めの挨拶

ここではブログの書き初めの挨拶に絶対やってはいけないことをご紹介します。

自己紹介の名前が読みづらい

自己紹介の名前が読みづらいとファンがつきにくい可能性があります。

例えば長ったらしいアルファベットの名前なんかは読みづらい上に読むのに時間がかかります。

例:terunohujisyougo

こんな名前では、あなたのファンではない限り、いちいち読まないでしょう。

僕なら速攻で読み飛ばします。

理由は、時間かけて名前を読んでもセンスのない名前のブログは今後開くことはないし、読者を意識していないと感じた時点で読み飛ばすからです。

ユーザビリティを考えるなら一発で覚えてもらう名前が適しているでしょう。

ポイント

何事もシンプルが一番♪

人を不快にする挨拶

挨拶にいれるべきではないやりかたとして人を不快にするのはご法度です。

簡単に言うと最悪です。

誹謗中傷、暴言、セクハラまがいな挨拶は書いている本人は楽しいかもしれませんが、読んでいる読者は不愉快極まりないです。

この記事で何度も言ってますが、ブログはファンをつけるのが一番の近道です。

その読者に対して不快にさせる挨拶など百害あって一利なしです。

挨拶を考える時は、一度読者の立場になって文章を読み返す癖をつけると不快な文章を書かなくて済むのでオススメです。

ポイント

自分がされて嫌なことは人にもしてはいけません♪

挨拶に時事ネタはいれない

あなたのブログに時事ネタをいれるのは止めた方がいいです。

理由として、あなたのブログはいつ読まれるかはわからないからです。

記事が読まれるタイミングは人それぞれで違ってきます。

明日読むかもしれませんし、10年後に読むかもしれません。

その中で、「昨日為替の相場が1ドル125円になりました○○です」なんて挨拶では、読んでいる人は混乱するだけです。

基本的にブログは、時事ネタだけを集めたトレンドアフィリエイトを狙う時以外は時事ネタは取り入れないようにしましょう。

ポイント

いつ読んでもわかるような記事作成を心がけよう♪

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、ブログの書き初めの挨拶についてご紹介しました。

ブログの挨拶の導入は人それぞれなので、付ける、付けないは個人に任せますが、あなたやあなたのブログにファンを付けて収益を伸ばしたいのであれば、導入してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

-ブログ
-,