ブログ

ブログで一般人が顔出しするメリットって?集客に影響はあるの?アイコン使用者がすべてを語ります

アフィリエイト初心者ちゃん
ブログで一般の人が顔出しするブログをよく見るけど顔出しとアイコンってどっちがいいんだろう?

アフィリエイトの収益にも影響あるのかな?

アイコンについては顔出しを推奨しているブログもあればアイコンを推奨しているブログもあって迷うよね

実際にアイコンでブログ運営している当サイトを参考に考えてみよう

ヒロ

こんにちは!ヒロ(@HIRO75493979)です!

今回はブログで一般人が顔出しすることについて書いてみたいと思います。

この記事を読んで解決できること

  1. 一般人ブログで顔出しする際のメリットデメリット
  2. 一般人ブログでアイコンをつける際のメリットデメリット
  3. 顔出しかアイコンかの取捨選別ができる

それでは早速行ってみましょう。

一般人ブログでの顔出しのメリット

一般人ブログの顔出しについては色んなブログで色んな意見があって迷う人も多いと思います。

この記事を読んでくれているあなたの悩みは結局、顔出しかアイコンかで集客、つまり収益に差があるのかということではないでしょうか?

ヒロが考える結論から言うと、

「顔出しは法人化してからでも良い」

どういうことかメリットデメリットも含めながら紐解いていきたいと思います。

読者から信用を得られやすい

ブログで顔出しをする一番効果が表れやすいのは読者から信用を得られるということではないでしょうか。

ブログで顔出しをすることで、誰がこのブログを書いているかわかりますし、アフィリエイトリンクが張ってあれば、この人は信用できるから買おうということにもなります。

社会的信用を得るためにも顔出しは効果的と言えるでしょう。

ブログで顔出しをすると権威性が得られる

ブログで顔出しをすると権威性が得られます。

例えば、弁護士やお医者さんをみてみるとわかりやすいんですが、弁護士やお医者さんのような権威がある人は基本的に顔出しをしています。

理由としては、ブログを読んでいて、この記事は信用していいのか?という疑問が出た時に、ビシッとしたスーツを着た弁護士や白衣を着たお医者さんの画像があると信用を持たれやすいからです。

逆に弁護士やお医者さんがよくわからないアイコンをつけてブログを運営していたとしても、本当にこの人を信用していいのかわからないですよね。

なので、権威ある人がブログを書くのであればたとえ芸能人ではない一般人だとしても顔出しするメリットは十分あると言えるでしょう。

顔がイケメンだったら集客率アップの可能性大!

こういう風に書くと差別だと言われかねないのですが、集客という目線で言うと外せない項目なので、なるべく誤解のないように書いていきます。

誰しもイケメンや可愛い子がブログや動画を上げていると、コンテンツが面白い面白くないにかかわらず、一度はクリックしてしまうのではないでしょうか。

僕も男なので、ネットサーフィンをしていると、可愛い女の子の画像が目に飛び込んでくれば無条件にクリックしてしまいます。

つまりイケメンや可愛い子は、それだけで集客効果はあるということです。

なので、顔に自信のある人はむしろ積極的に顔出しして、集客アップをしましょう。

一般人ブログでの顔出しのデメリット

次にブログで顔出しをすると不都合が起きてしまうデメリットをご紹介します。

副業でブログを運営していた場合、会社にばれる可能性がある

ブログで顔出しをしていると自分が思っている以上に影響力があることがあります。

会社が副業OKなら問題はないんですが、NGだった場合、最悪、画像検索などで副業していることがばれる可能性があります。

そうなると、立ち回りを上手くしないと退職に追い込まれることもあるので注意が必要です。

副業でブログを運営するなら、せめて会社を辞めるまでは、アイコンを使っての運用をオススメします。

顔に自信がない人は誹謗中傷の的にされる可能性がある

ネットでは個人が気軽に情報を発信できる今だからこそある危険が誹謗中傷の的になる危険性です。

特に顔が冴えない、パッと見て不快感のある顔で顔出しをしていると、心無い人が見ると誹謗中傷の的にされる可能性もあります。

集客の観点からも考えてみると、読者を不快にさせてしまう顔出しはマイナスにはなるもののプラスにはなりにくいです。

もし、顔に自信のない人は無理に顔出しせずともアイコン画像で十分集客はできます。

身元がばれる可能性がある

ブログで顔出しをしていると身元がばれる可能性があります。

というのも、今の技術は進化しているので、顔出しした画像の瞳に移りこんだ風景や背景などで場所が特定されたり、画像の情報が多ければ住所も特定される危険性があります。

そうならないためにも、顔出しする画像はよく精査する必要があります。

特に女性の顔出しは危険度が増します。

顔出しする危険性と集客できるメリットを天秤にかけてみて判断するといいでしょう。

一般人ブログでのアイコンのメリット

アフィリエイト初心者ちゃん
顔出しはやっぱり怖いな…

アイコンでのメリットを教えて♪

OK!

それじゃあ次はブログでのアイコンについてのメリットデメリットを紹介していくよ

ヒロ

顔ばれしない

やはりアイコンをつける最大のメリットは顔ばれしないことではないでしょうか。

顔出しをすると危険性も高まってきますが、アイコンだとその心配もないため、ブログ初心者には特にオススメのやりかたです。

アイコン画像を自分では用意できない方でも無料画像をダウンロードしたり、ココナラで画像を作ってもらうこともできます。

僕もイラストやヘッダー画像、アイコン作成などをしてもらいたい時に利用しているよ♪

値段もお手頃でサービスの充実や納品物のクオリティ、納品時間の厳守など、使い勝手のいい代行サービスです

ヒロ

副業で会社にばれにくい

もしあなたが会社で働きながら副業としてブログに取り組んでいるのでしたら、アイコンにすることで、副業が会社にばれにくいことが挙げられます。

昨今副業してもいい会社が増えてきていますが、副業NGの会社で副業がばれてしまえば、最悪クビになることもありえます。

そうならないためにも会社に副業がばれたくなければ、ブログでの顔出しよりもアイコンを使うことをオススメします。

顔が整っていなくても好感がもたれやすい

僕も顔出しするほどイケメンでもないので(笑)アイコンにしているんですが、アイコンにするメリットとして自分の顔が集客に結びつかない方でもアイコンを使うことによって好感がもたれやすいです。

実際僕も長年ブログ運営でアイコンやキャラを使って集客していますが、集客はできています。

今使っているアイコンは自作で描いたものですが、実物よりは3割ほどイケメンに描いています(笑)

そっちのほうが、女子に好感が持たれやすい上にビジネスとしても信用してもらえるからです。

このように多少顔に自信のない方でもアイコンを使うことで信用を勝ち取ることができるのでオススメです。

一般人ブログでのアイコンのデメリット

次にブログでアイコンを使用する時のデメリットを紹介していきます。

ブログ運営者の顔がわからないと信用を得にくい

やはり顔出ししている人とそうでない人と比べると若干ではありますが、アイコンを使っている人の方がブログ運営者の信用度で言えば劣ると言わざるをえません

そこは、ブログの持っている情報量やキャラクターの個性、更新頻度の高さでカバーすれば問題はないでしょう。

僕もアイコンを使っていて特に大きな問題は今のところありません。

あくまで顔出ししている人との比較ではという前提条件のもとでなら劣るという結論になります。

アイコンの完成度によっては著しく権威性を落とす

アイコンの完成度によっては、権威性を著しく落とすことが考えられます。

というのも、例えば、ブログの運営者のアイコンが人を不快にするようなアイコンだったら信用できないですよね。

僕だったら不快になった時点でそのブログを閉じます。

それくらい最初の印象は大事だということです。

リアルで会っていても初対面で嫌な態度を取られたら、その人とは距離を置いてしまいます。

それと同じでアイコンは自分自身を映す鏡だという気持ちで人に好感の持てるアイコンを作成する必要があります。

そうすることで、ブログにも、運営者にも権威性が増し、信用してもらえるブログになります。

結局顔出しとアイコン、どっちがいいの?

この質問の答えは上記にも書きましたが、人それぞれの意見があり、これといった答えをだすことはできません。

ですが、あくまで僕個人の意見を述べさせてもらえるなら、「会社で働いていて副業でブログを運営しているときはアイコン、収益が上がって、個人事業主、または法人化した段階で顔出しをする」のが一番理想的なブログ運営の仕方だと言えます。

どっちみち法人化するとブログに本名と会社名と会社の住所は記載しないといけないのでタイミングとしては問題ありません。

僕は、今のところ会社勤めをしながら副業としてブログ運営をしています。

このブログで飯が食っていけるようになれば、法人化も考えているので、その時は顔出しする予定です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は一般人のブログでの顔出しについて深掘りしてみました。

この悩みに関して、意見が分かれるところですが、顔出しかアイコンかの基準を設けるなら「自分の顔で集客できるなら顔出し、そうでなければアイコン」でいいでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございます!

-ブログ
-, ,