メールやLINEで仕事を辞めるって悪いことなの!?メリットとデメリットの比較

目安時間:約 7分
仕事を辞める

こんにちは、HIROです。

 

会社で働いていると、突然新人社員からメールが来て、「仕事を辞めます」という内容のメールが来た経験ってありませんか?幸いにも私はそういう経験はないんですが、最近結構増えてきているようです。

 

なにも新人社員が、会社に対して当てつけの様にメールで退職を伝えたわけではありません。その行動には彼らなりの理由があるものです。

 

そこで、どうしてメールで退職を伝えたのかを少し考えて見たいと思います。彼らは就職活動の際、会社側から送られてきたメール一本で不採用かどうかが分かる世代に生まれてきており、メールで用事を済ませることは彼らにとって当たり前の感覚であり、それを不思議とは思ってないんです。

 

さて、今回は、メールで仕事を辞めることは果たしていいのか悪いのかを検証してみたいと思います。

 

 メールで仕事を辞めるのは悪いこと?

 

結論から言うと、辞めた方がいいです。上司になると分かると思いますが、いきなり部下が「今日限りで仕事を辞めます」って言われたらどう思いますか?しかもメールで。イヤな気分にはなるでしょうが、良い気分にはならないと思います。

 

ともするとふざけるなと怒鳴り散らしてしまうかもしれません。説教をするにも部下は会社には出勤していないので怒るに怒れません。明日のプレゼンはどうするんだ、今日の会議で使う資料は?引継ぎは?となってしまい会社に混乱を招きます。部下はそれでいいかも知れませんが、常識のない行動はいつか自分にも降りかかってきますので、会社を辞めるなら、なるべく円満退社で辞めることをお勧めします。

 

法律上の仕事の辞め方

 

法律上は、仕事を辞める際に口頭で伝えなければいけないとか退職届をださなくてはいけないってことはありません。特に問題はないです。

 

しかし、会社を辞める宣言を会社に伝えてから最低でも二週間は会社にいなくてはいけませんし、法律でもそう決められています。メールにも今日限りでというのはあまりに非常識なので、二週間後に辞めるという意思は示しましょう。

 

まあメールで会社を辞めると言っておきながら会社に出社するのはいかがなものかとは思いますが、メールで辞めたいのであれば、法律上はそうなります。どうしても今日辞めたいということでしたら、会社を辞める宣言をした次の日から有給を使うという手もあります。

 

もし有給がもらえるまで待てず、二週間も待てないけど辞めたいという方は、下手をすると会社側から訴えられて損害賠償を被る可能性もあるので、控えた方が賢明です。基本的にメールで仕事を辞めるのはマナー違反なので、そこは十分に配慮しましょう。

 

メールで仕事を辞めるメリットとデメリット

 

ではメールで辞めるときのメリットとデメリットを紹介していきます。以下の内容を踏まえた上で決断するようにしてください。

 

 メールで仕事を辞めるメリット

 

まずメリットとして、イヤな上司と顔を合わせることがないことが挙げられます。毎日毎日顔を合わせる度に怒ってくる上司とは顔も合わせたくないはず。そういう状況のときはメールで仕事を辞めるメリットはありそうですね。面と向かって仕事を辞めるとこじれる話もスムーズにいけますし、何より面倒事を抱えなくてもいいのでメリットはありますね。

 

後は自分自身がスッキリするということでしょうか。

 

 メールで仕事を辞めるデメリット

 

メールで辞めるという事はそれ相応のリスクがあります。まず、会社の近辺は歩くことができないでしょう。知っている同僚に出会う可能性がありますからね。職場が家に近ければそれだけその地域に居づらくなります。買い物をする時でも絶えず同僚に会うか心配をしないといけません。これは私自身も経験していることなので間違いありません。私の場合、イヤな同僚の顔が絶えず脳裏にちらつき、赤の他人でさえ同僚に見えてしまうこともあります。仕事場が近くにない場合でも、例えば住んでいる市の中心街に会社があったならその場所にも行きづらくなり、デートをすることもままなりません。メールで会社を辞めることは簡単ですが、後々に自分を苦しめる結果になることだけは頭に入れておいてください。

 

社員証や会社の鍵などの持ち物が自宅にある場合、さらに失礼な行動を起こさざるをえなくなります。メールで会社を辞めることでさえ非常識な行動なのに、さらに会社の持ち物を郵送で届けるのは、下手をすれば、あなたの人格までも疑われることになりかねません。

 

仕事を辞めたら会社側に離職票を受け取らないといけません。そういったやり取りも、できなくなり、会社が気を利かせて郵送してもらうことを祈るしかありません。離職票が届かなかった場合、次の転職にも悪影響を及ぼすほか、失業保険だってもらえません。

 

と、このように、一時の感情だけで仕事を辞めてしまっては思わぬデメリットも負いかねないことがあるので、仕事を辞めるときは出来る限り円満退社を目指してください。もちろん円満退社が無理な時もありますが、会社に属している以上、あなたは一般的な常識人として見られます。決して自身の品格を貶めることだけはしないようにしてください。

 

あとがき

 

私自身も幾度となく退社を繰り返しているのですが、円満退社であったことは一度しかありません。円満退社ではないので、会社付近には立ち寄らない様にしています。あなたにはそんな気持ちになってもらいたくないのでこの記事を執筆しました。仕事のできる男は退社もスマートです。ぜひこの記事を参考にして、間違ってもメールで会社を辞めるようなことのないようにしてほしいものです。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てたのでしたら、下記のボタンをポチッと押していただければ、筆者は泣いて喜びます^^

 

以上、HIROでした。

30代で辞める賢い会社の辞め方と最低限のマナーで印象は大きく変わる

目安時間:約 7分
退職

こんにちは、HIROです。

 

テレビドラマを観ていると、主人公かなんかがいきなり上司に向かって「今日でこんな会社辞めてやる!」って言って辞表を叩きつけるシーンがありますが、あれを実社会でやったら間違いなく変人扱いされるでしょうね。

 

でも、こういうシーンって実は珍しくありません。

 

というのも、特に新入社員で入って来た子たちは、こらえ性がないのか仕事を初めて1週間で消えることもよくあります。

 

速い人なんかはその日の午前中に消える人もいるくらいです。

 

30代の人がそんなことするとは思いませんが、そういうことを繰り返していると、次に入る会社にも噂が入ってきて、就職できづらいという悪影響を及ぼすこともありますのでご注意を。

 

そのためにも、会社を気持ちよく辞めるための最低限のマナーは守りたいものです。

 

「立つ鳥、後を濁さず」とも言いますしね。

 

 30代で会社を辞める時の最低限のマナー

 

雇用期間が特に決められていない正社員であれば、会社の就業規則に「辞める時は、何日前、あるいは何か月前までに知らせること」と定めてあります。

 

これが契約社員の場合ですと、基本的にはその契約が終了するまで辞めることができません。

 

また、プロジェクトチームに配属されていると迷惑をかけないためにも、そのプロジェクトが終了した段階で辞めるのがマナーです。

 

30代で会社を辞める時は、なるべく人に迷惑をかけない心がけが必要です。

 

会社を辞める理由として一番やってはいけないことが、「会社の給料が安いから辞める」「上司のあいつが嫌いだから辞める」など、自分を正当化して、自分の意見を主張する人です。

 

採用時に決められた仕事内容や勤務時間、勤務内容などが、実際に働いてみて違ったのだとしても、それは会社や上司に相談するべきですし、円満退社をしたいのでしたら、そういうことは言わない方が賢明です。

 

あなたが会社に雇われた時に「雇用契約書」「労働契約書」などの契約書で会社と雇用契約を交わしているはずです。

 

これは「あなたと会社が契約によって結ばれている状態」を指し、「会社で労働をする代わりに給与をいただく」という誓約書にもなります。

 

なので、会社を辞める時も、「この会社とは、関わりを切ることだし、適当に辞めればいいや」という気持ちでは、相手に不愉快な思いをさせるだけでなく、あなたの常識も疑われることになりかねません。

 

会社を辞める時はそれなりの手順を踏んで、最低限のマナーを守って退職しましょう。

 

 

退職の意思表示の時期と有給の消化

 

労働基準法では、労働者が退職をする際、いついつまでに会社に通知しないといけないという規定はありません。

 

民法では、期間の定めのない雇用契約については、退職の意思表示の後、2週間を経過した時に雇用契約は解除されるとあります。

 

民法上の規約によれば、月の前半に退職届を提出すれば、その月の末日までには辞められるとあり、また月の後半に退職届を提出すれば翌月の末日に雇用契約が解除されると定められています。

 

このことを踏まえて残りの有給を消化できるようにしないといけません。

 

つまり、会社を辞める日程を3月末日とするなら2月前半に退職届を出して、その月の後半に退職するような形をとり、後の月日は有給で消化するといったやりかたが一般的です。

 

この退職方法を取るなら事前に有給の残り日数を計算しておく必要があります。

 

事務の人たちに頼めば教えてくれると思いますので、会社を辞める前に聞いておくことをお勧めします。

 

その日数を踏まえた上で、会社を辞める段取りをするといいでしょう。

 

円満退社でWin Winに

 

会社の事を思うなら、退社する時は、なるべく迷惑のかからない日程を選びましょう。

 

会社にとって、一番抜けて欲しくない繁忙期などは避けてほしいでしょうし、後任者の引継ぎなしに抜けられたのでは、あなたの仕事を任せる人がいなくなってしまいます。

 

そうならないためにも、時期を見計らって、引継ぎをちゃんとしてから退職するほうが、あなたも会社もWin Winな関係になり、お互いに気持ちよく退社ができるようになります。

 

また再就職をする際に、その会社の面接官があなたの前職の会社に電話する可能性もあります。

 

そこで円満退社でなければ入社を見送られることもありますので、そこは十分注意してください。

 

なお今の時代、あなたのフェイスブックなどのSNSを閲覧しにくる会社もあるので、前職の会社の悪口などを書くのは後々に不利になってきますので絶対やめましょう。

 

あとがき

 

会社を辞める時は、どうしても心に隙ができ、もうどうでもいいやって気持ちになることがあると思いますが、そこはグッと抑えて円満退社に持っていけるようにすると後々の自分の為にもなりますので、会社を辞める際は円満退社を目指したいものですね^^

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

少しでもこの記事がお役に立てたのでしたら、下記のボタンをポチッと押していただければ、筆者は泣いて喜びます^^

 

以上、HIROでした。

会社を辞める?辞めない?そのメリットとデメリットとその理由

目安時間:約 10分
キャリアアップ

こんにちは、HIROです。

 

30代で会社を辞めるという事は相当なリスクを伴います。

 

いざ会社を辞めたとしても次の仕事が上手くいくか分からない。

 

もし失敗したら転職はもう無理だと思う…

 

など色々な思考が頭をぐるぐる駆け巡って結局我慢しようって思うんですけど、それは一時的なもので、また嫌なことがあったら辞めたい…ってそれの繰り返し。

 

以前の私も同じ気持ちになったことがあるので痛いほどわかります。

 

ですが、その気持ちのまま定年まで働けますか?

 

あれこれ考えていたらあっという間に40歳になり、ますます抜けられない状況に陥ります。

 

そこで身体でも壊してしまったら目も当てられなくなります。

 

そこで、会社を辞めるリスクと辞めないリスク両方を比較してみました。

 

ただこれはあくまで私個人の解釈であり他人に強要するものではありません。

 

 会社に居続けるメリットとデメリット

 

まず会社に居続ける事へのメリットデメリットを挙げていきます。

 

 会社に居続けるメリット

 

・給料が安定している

 

お金がなければ生活ができないのでこれは当然だと思います。

 

・年金や健康保険などの負担が減る

 

個人で仕事をする人には受けられない恩恵ですね。

 

・毎年1~2回はボーナスが付与される

 

今はボーナスも出ないところが多いのであまりメリットとしては機能しないかも知れません。

 

・自分さえ我慢すればある程度のリスクを抑えられる

 

自分の身はもちろんのこと家族の生活も支えていかなければならない分、下手な行動ができないので、そういう意味では会社に依存したほうが安定的な生活はできると思います。

 

ですが、体を壊したらそこで終わる可能性も充分にあります。

 

会社に居続けるデメリット

・精神疾患を患う可能性がある

 

ブラック企業が叫ばれている中でここ10年ほどで爆発的に発症率が高くなったのが心の病気です。

 

成人病とも言われおり、外的なケガなどとは違い、精神的な部分の病のため完治までには数年から数十年、もしくはずっとその病を引きずっていかないといけないものまであります。長く仕事を続けるうえで一番気を付けないといけないものかも知れません。

 

・上司とのトラブルから避けられない

 

交友関係をうまく構築できる人ならなんとかやり通せるでしょうが、交友関係の苦手な方の場合、上司との人間関係は大変な苦痛を伴うものだと思います。

 

上司のあまりに傍若無人な態度に心を煩わされる部下も多いと聞きます。

 

・給料が一定でそれ以上は増えない

 

これに関してはこちらの記事が詳しいので一度目を通していただければ記事の理解も一層深まると思います。

 

アベノミクスでは給料は上がらない!?円安の本当の理由

 

ある程度の実績を残したとしても、給料は比例して増える事はないので、ある時を境にやる気が減少する可能性もあります。

 

・自由になる時間が確保できない

 

家族をもてば行きたくなるのが旅行ではないでしょうか?

 

月一とは言わないまでも年に一回くらいはお子さんたちの好きな場所へ旅行にいきたいものです。

 

でも、残業や休日出勤が重なると旅行どころではありません。

 

土日に休みが取れる人はまだいいですが、シフト制の会社も多くなっており、お子さんたちとの楽しい旅行なんて行く暇がないというのが現状だと思います。

 

やがてお子さんが大きくなって、気付いたら一度も旅行の経験がないってことになったらこれ以上の悲劇はありません。

 

完全に「家族を犠牲にして会社に隷属」した典型的な例です。

 

・リストラされるリスクを常に持っている

 

結局会社に依存しているということは、おかみの一存でどうにでもされるのが会社です。

 

会社が首を横に振れば仕事がなくなり、それがきっかけで家族も家も失い、気付けば一瞬で浮浪者になっている話も大げさな作り話ではありません。

 

明日は我が身ということを常に考えなければいけません。

 

・会社のいう事には逆らえない

 

あなたが嫌がる仕事、例えば海外転勤だったり単身赴任だったりを、あなたの気持ちを無視して出向が命じられます。

 

そこでノーと言って免れることができることもあるでしょうが、一度断ってしまえばそこの会社に居づらくなることにもなりかねません。

 

あなたが出す答えはイエスか、仕事を辞めるしか選択肢がないのです。

 

もしたとえイエスであったとしても、海外転勤の場合、日本に戻ってこられる可能性を考えたら限りなく0に近いのではないでしょうか。

 

 会社を辞めた時のメリットとデメリット

 

では次は会社を辞めた後のメリットデメリットを見ていきましょう。

 

会社を辞めた時のメリット

 

・自由な時間がもてる

 

会社に束縛されなくなった分開放的な気持ちになるものです。

 

これが会社を辞める大きな理由かもしれませんね。

 

・わずらわしい上司に対して気遣わなくてよくなる

 

人間関係があまりうまくない人は上司との人間関係は何かと億劫なもの。

 

そこから解放されたら気持ちも穏やかになり、余計なストレスを抱えなくてもよくなります。

 

・やりたい仕事ができる

 

会社を辞めて今あなたを束縛するものは何もありません。

 

なのでどんな職に就こうがすべて自由です。

 

自営業を始めるもよし、キャリアアップを目指して前の会社より給料の多い職を目指してもよし。

 

何にでもなれます。

 

英語に自身があるならアメリカへわたるのも1つの手段でしょう。

 

全てはあなた次第です。

 

会社を辞めた時のデメリット

 

・社会保険を返却

 

会社を辞めたら会社に社会保険を返却し、あらたに国民健康保険に加入しなければなりません。

 

もし病気などにかかってしまった場合、会社に属していた時と比べて、お金の負担が大きくなり休職者にとってはきついものがあります。

 

年金に関しては払わなくても2年ほどの猶予があるので職が決まったらまとめて払うこともできます。

 

・次の仕事が決まるまでが不安

 

次の仕事が決まるまでは無収入で生活していかなければいけないので、常にお金の不安は付きまといます。

 

少なく見積もっても1か月10万ほどの生活費が消えるので悠長には構えてられません。

 

ぜひ失業保険の申請だけはしといてください。

 

 あとがき

 

色々書きましたが結局会社を辞める時には辞めた後の将来設計がちゃんとしていればあまり問題はないのかなと思います。

 

ただ仕事が辛いから辞めたいのであればお勧めはしませんが、ある程度の目標に向かって前向きに行う辞職であれば、全然アリだと思います。

 

あなたが十分なスキルや社会経験をもち、一人でもやっていけるというなら自営という道もあるでしょう。

 

会社を辞めて次のステップに行くときに、会社に勤めていた以上のメリットがあれば会社を辞めるに十分な理由になりますので躊躇せずに飛び込む覚悟も必要だと思います。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

少しでもこの記事がお役に立てたのでしたら、下記のボタンをポチッと押していただければ、筆者は泣いて喜びます^^

 

以上、HIROでした。

会社を辞めてやる!円満退社で会社を辞める方法

目安時間:約 8分
退職願

こんにちは、HIROです。

 

超長時間労働で、朝から晩まで働き詰め…昨日の晩から家には帰ってない…帰りたい…休みたい……会社…辞めたい…

 

もうどうしても体力の限界!

 

このままだと自分が自分でいられなくなって何か間違いを起こしそうな気がする…

 

その前に…会社を辞めなきゃ…

 

こう思っている人は思っているよりも多いようです。

 

そんなあなたに会社を辞めて円満退職する方法をご紹介します。

 

 次の仕事が決まってから会社を辞める

 

一番理想とする辞め方は、次の仕事が決まってから辞めるという方法です。

 

この方法は、上司に退社する理由を話す時に切り出しやすいですし、なにより文句が言えません。

 

「会社に残れ、お前を必要としている」

 

「そんなバカなこと言ってないで仕事に戻れ」

 

「その話は今度聞くから今は仕事しろ」

 

などと、あなたを会社に置いておきたい上司はあなたの事を軽視した物言いでなんとか思いとどまらせようとします。

 

でも次の退職が決まっていたら上司もそれ以上は言えなくなり、

 

「そうか、次も頑張れよ」

 

というしかなくなります。

 

こんな時でも仕事に戻れという上司はいないでしょう。

 

それでは次は仕事をしながら次の会社を探す方法をご紹介します。

 

転職サイトに登録しよう

 

会社を辞めるための準備として、いくつかの求人会社に登録しておきます。

 

求人会社もピンキリありますが、コマーシャルなどでやっている転職サイトを利用するのが一番効率的でしょう。

 

例えば、

 

RECRUIT AGENT

 

RECRUIT AGENT

 

DUDA

 

DODA

 

などが求人数も多く、キャリアアップ転職にも向いています。

 

こういった転職サイトに登録して、探すのがいいでしょう。

 

また、キャリアアップではなく、自分にあった仕事が見つかればいいと思っている方は、下記の転職サイトに登録してみてもいいかもしれません。

 

はたらいく

 

はたらいく

 

リクナビNEXT

 

リクナビNEXT

 

この二つの転職サイトはアルバイトも載っていますが社員の求人も多く使い勝手はダントツです。

 

あなたにあった転職サイトに登録しましょう。

 

休みを最大限に利用する

 

本気で会社を辞めたのなら、休みを利用することをおすすめします。

出勤日はどうしても超長時間労働を強いられ思うように時間が取れない事もあります。

 

営業まわりなどで一人で行動できる時間が確保できるのであれば、その時間を活用したいところですがほとんどの方は勤務中に時間を取ることが難しいと思うので、休みを利用する方法で話を進めたいと思います。

 

さきほど登録した転職サイトで自分にあった求人がないか探してから電話をします。

 

そこで面接の日取りを決めるときにあなたのお休みに合わせて面接日を決めます。

 

仕事によっては決まった休みがなくシフト制というところもあると思いますが、その時は、自分でシフトを自由に決められる立場でしたら、そこを面接日に、そうでなければ休みが決まった瞬間に求人に電話します。

 

かくゆう私も月に2日~4日しか休みがなく、シフト制の所で自分でシフトを決められない立場でしたが、なんとか時間を確保することができました。

 

やれないということは絶対ないのであきらめないでください。

 

ここで行動できるかできないかで未来は大きく変わってきます。

 

面接が決まったら各提出物を作成する

 

ここで面接日を決めるのですが、その時に面接時間をなるべく午後から行うようにしてください。

 

理由は朝にすべての提出物を作成するためです。

 

前もって作成する時間があるのなら別ですが、ここでは超長時間労働で働いているという前提でお話をさせてもらってますので、ご了承願います。

 

履歴書に貼る写真なんですが、これは前もって撮影することができるので会社終わりにでも撮っておけばいいでしょう。

 

職務経歴書も意外に時間がかかるので、午前中の間に作成して面接までに完成しているのが理想です。

 

書くことが多くて午前中には無理ということでしたら無理をせず、提出物の作成に休みを使い、次に備えて準備をするといいでしょう。

 

あとはあなた次第

 

後は、面接に受かるまで上記の手順を繰り返します。

 

超長時間労働で疲れ切った身体を癒す為に休みを使いたいところですが、ここで踏ん張ることができないといつまで経っても変わりません。

 

現状を打破するために必要な行動をとるようにしましょう。

 

私にもできたのですから絶対あなたにもできます。

 

心からあなたの努力が叶うのを願っています。

 

あとがき

 

転職というのはそこで学んできたことが一度リセットされるので非常に不安になるとは思いますが、今の会社にいて、5年後、10年後の自分を想像した時、「ここにいても無意味」と感じたなら思い切って行動を起こすのもいいかもしれませんね。

 

あなたにとってこの転職が「吉」と出ますように…

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

少しでもこの記事がお役に立てたのでしたら、下記のボタンをポチッと押していただければ、筆者は泣いて喜びます^^

 

以上、HIROでした。

仕事を辞めたい時に相談するべき相手5選

目安時間:約 7分
30代で仕事を辞める

こんにちは、HIROです。

 

仕事を辞めたいと思う事は誰にでもあることです。

 

でもその時に相談相手がいないと自分ひとりで考えることになり、いいアイデアも浮かばないかも知れません。

 

少し手を伸ばせば相談に乗ってくれそうな相手でも、仕事を辞めたいと悩んでるときは中々そこまで考えが及ばないこともあるでしょう。

 

近くにいるのに相談できないなんて悲しすぎますよね。

 

そこで、ホントは身近にいるけど、近すぎて見えなくなっている相談相手をピックアップしてみました。

 

人は相談することで開ける未来もあるので恥ずかしがらずに相談相手に乗ってもらうのもいいかもしれません。

 

仕事を辞めたい時に相談できる相手1

 

やはり仕事を辞めたい時に一番に相談しておきたい相手は身近にいるパートナー(夫婦共)ではないでしょうか?

 

血は繋がってはいないものの一生を共にするパートナーである相手でもあることですし、最初に相談するべき相手かもしれません。

 

仕事を辞めるというのは並大抵のことではありませんし、下手をすれば家族を巻き込んでしまう危険性があるのですから、相談は真面目に聞いてくれると思います。

 

環境にもよりますが職場恋愛だとしたらその職場のことも熟知しているでしょうし、相談相手に不足はないと思います。

 

しかし、夫婦間の関係によってはパートナーには絶対相談できないという人もおられると思いますので、その時は無理せず違う相談相手を探しましょう。

 

仕事を辞めたい時に相談できる相手2

 

次に挙げられるのは何といっても会社の直属の上司です。

 

会社の上司は仕事のこともよくわかっていますし、上司自身も辛い現状を乗り越えてきた人たちですから心強い相談相手になってくれるはすです。

 

共に艱難辛苦(かんなんしんく)を戦ってきたのですから、そこには信頼関係も生まれているはずです。

 

ここでひとつ注意を申し上げると、その上司との相談で、相手が自分にどれほど興味があるかがわかるので、会社の利益や人員不足などを理由にして辞めさせないような態度で接してくる上司ならさっさと話しを切り上げて別の上司に相談することも重要です。

 

あなたと上司との関係がしっかりしているものなら会社の損得よりあなたの気持ちになって答えてくれるでしょうから、そういう相手に相談してみてはいかがでしょうか。

 

仕事を辞めたい時に相談できる相手3

 

お次は同期入社した仲間です。

 

今の時代、同時期に入社してくるのは新社会人になりたての人たちばかりなので中途採用の方は当てはまらないと思いますが、新社会人の人たちにとってみれば協力なコネクションであることは間違いないので、相談相手としてはいいかも知れません。

 

同期の仲間も時に相談したいこともあるでしょう。

 

その時は嫌な顔をせずに相談相手になってあげると、いざあなたが困った時に助けてくれるのでお互いの信頼関係も、そこでまた深まるはずです。

 

仕事を辞めたい時に相談できる相手4

 

これをやっている人はあまりいないのですが、ずばり会社の外の人たちとの交流を深める、です。

 

会社の中でいつまでも考えていても仕方がないので、いっそ仕事終わりでも会社の外の人たちと交流を持つことは非常に有意義です。

 

今やネットで検索すれば、会社の外の人たちとの交流会や出会いの場というのが当たり前に開催されています。

 

一度勇気をふるって参加してみれば、案外みんな同じ考えを持っているもので、悩んでいるのがバカバカしくなるかもしれません。

 

また、その人達と交流を深めていければ、新規事業のお誘いがあるかもしれません。

 

社外の人たちとの交流を深めるにはたくさんのお金と時間を使いますが自己投資という目でみれば投資する価値はあると思います。

 

仕事を辞めたい時に相談できる相手5

 

最後に紹介するのは、転職サイトなどの相談サービスです。

 

転職サイトの相談サービスは一昔前に比べて格段に使いやすいものになりました。

 

以前は電話などで相談するスタイルが一般的でしたが、今では一人ひとりにあった転職プランを考えてくれる人たちが多数在籍しています。

 

今のあなたの悩み、例えば収入面、通勤時間、キャリアアップなど多種多様な悩みに真剣に向き合ってくれるプロの方たちばかりですから相談にも熱がこもりそうです。

 

また、ある程度こちらの日程に合わせてくれますので休日を利用して相談するのもアリだと思います。

 

あとがき

 

どうでしたでしょうか?

 

あなたに合った相談相手は見つかりましたか?

 

仕事を辞めるというのは一大決心のもとに行うのですから、慎重に考えなければいけません。

 

くれぐれも相談相手を間違えないようにしたいものですね。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

少しでもこの記事がお役に立てたのでしたら、下記のボタンをポチッと押していただければ、筆者は泣いて喜びます^^

 

以上、HIROでした。

アフィリエイト業界で最も売れている王道教材

アフィリエイトするなら超ド定番のアンリミテッドアフィリエイトNEOがおすすめ!

アフィリエイトで稼げるようになるには、まず全体の仕組みを知らなければなりません。

そんな仕組みが書かれている教材はアンリミテッドアフィリエイトNEOだけ!

⇒HIROの特典付きアンリミテッドアフィリエイトNEOのレビューはこちら

アフィリエイトで稼ぐ|30代で仕事を辞める方法!運営者紹介
自画像

ビジネスアフィリエイター
HIRO

様々なバイト経験、 様々な社員経験を得て、 現在、仕事をしながら30代で会社を辞めるためのアフィリエイター活動をしています
既婚 現在37歳


HIROさんってどんな人?
と思った方はこちらへどうぞ

詳しいプロフィール

ブログランキングに登録しています。
このブログが少しでもいいなって思ってくれたらボタンをクリックしてくれると嬉しいです。

次世代型サイト作成システムSIRIUS(シリウス)

2018年5月14日、シリウスの大型アップデートが実施されました。

シリウスの大型アップデートにより、HTML5、CSS3に完全対応したほか、既存のテンプレートも大幅パワーアップしてより使いやすく、よりシンプルになりました。

サイト作成を考えているならシリウスがおすすめ!

⇒HIROの特典付きSIRIUS(シリウス)のレビューはこちら

SEOテンプレートの決定版!賢威7



HTML、Wordpressに対応しているバリエーション豊富なテンプレートは賢威を置いてほかにないでしょう。

テンプレート自体も時代の流れに応じて随時変更が加えられているので、古さを感じさせないのも魅力の一つ!

サイトが作れないとお嘆きの方にぜひ!

⇒賢威7

サイト内検索
最近の投稿
カテゴリー
タグ

ページの先頭へ