アフィリエイト戦略思考|ターゲティングとペルソナを疎かにしては絶対稼げない理由

目安時間:約 8分
ターゲティング

こんにちは、HIROです。

 

ブログを書いてアフィリエイトをする前に必ずやってほしいことがあります。

 

それは、「ターゲティング」です。

 

アフィリエイトに限らず、事業を起こす際は必ず必要になってくるスキルで、ターゲティングをしないと物は売れないと言われています。

 

どうしてターゲティングをしないと物が売れないかをご紹介したいと思います。

 

 なぜターゲティングをすると物が売れるのか

 

この話になると必ず出てくるのは、「ターゲットを絞ると見込み客が減るじゃないか!もっと幅広いニーズに答えるために年齢、性別に捉われない商品を売っていきたいんだ」という声が度々でてきます。

 

ですが、逆に聞きたいのですが、男の人が化粧品を買うでしょうか?

 

女の人が育毛剤なんかを買うことがありますでしょうか?

 

それと同じで、お客様が求められるニーズは、年齢、性別、国籍などによっても求めるものは変わってきます。

 

例えるなら夕食時に、たらふくの料理が食べたいサラリーマンや、ファストフードでなくオシャレなお店で食事したいOLなど、人や気分によって食べたいものや量は変わってきます。

 

この人たち全てのニーズに答えられますか?

 

全てのニーズに応えるということは、中華もやります。和食も洋食も作ります。量の少ないミニサイズもあります。高級料理からファストフードまで取りそろえることができます。

 

…普通に考えたらこれが無理だという事がわかりますよね。

 

つまり、ターゲットを絞るとは、その人の悩みに一点集中して応えるということです。

 

例えばターゲティングを「たくさんの量を食べるけどお金をあまり持っていない男子学生さん」としましょう。

 

すると考えられるお店として、牛丼屋さんやファストフードが思い浮かびます。

 

更に、お金を持ってないけど量を食べたいのですからセット商品をだすと食いつきそうです。

 

本来600円するものをセット価格で500円で販売すれば、学生さんたちは満足するのではないでしょうか?

 

このように、ターゲットを絞ることでお店のコンセプトも決められるようになります。

 

これがターゲティング手法です。

 

 ターゲティングは個人レベルまで考える

 

では、実際のターゲティングはどうやって行ってるのでしょうか。

 

ターゲティングは、例えば「薄毛が気になる男性」とざっくばらんに決めるよりも、もう少し深い掘り起こしが重要になってきます。

 

事業を生み出す人はこのターゲティングをおろそかにしません。

 

それこそ何か月にもわたって、どういった人を対象に物を売っていくかを慎重に見定めています。

 

先ほどの「薄毛が気になる男性」であるなら、薄毛を気にしだした人を対象にするのか、大分ハゲ上がった人を対象にするのか、この人の名前は?家族構成は?普段どういう行動を取ってどんな思考をするのかなど、個人を特定できそうなレベルでターゲティングします

 

これをペルソナと言います。

 

ペルソナを定義づけしてあげることで今から起業しようとする会社全体にもぶれを無くせますし、ユーザー目線で物事を考えられるようになります。

 

また、ターゲットのお客様にダイレクトメールを送る場合も相手がどういう人なのかという事を頭に入れておけば、お手紙の内容も非常に濃いものとなるはずです。

 

 ターゲティングをアフィリエイトに落とし込む

 

ではこれをアフィリエイトに当てはめるとどうなるか。

 

アフィリエイトの場合、2通りのやり方があるのですが、それぞれによって特徴があるので見ていきましょう。

 

1.ターゲットを絞ったあとで商品を決める方法

 

2.商品ありきでターゲットを絞り込む方法

 

本来はターゲットを絞った後で商品を決めるのが一般的なのですが、アフィリエイトということで言うと2通り考えられます。

 

まず、1.ターゲットを絞ったあとで商品を決める方法ですが、それは上記のような形で個人レベルまでターゲットを落とし込んでから、アフィリエイトをする広告(プログラム)を決めていきます。

 

当サイトでしたら、「アフィリエイトで稼ぐ|30代で仕事を辞める方法!」とタイトルにもあるように「30代で仕事を辞めてアフィリエイトで稼ぎたい」人を対象にしているため、その情報を盛り込んだ記事とアフィリエイトで最短で稼ぎたい人を対象とした商材をご紹介しています。

 

対して、2.商品ありきでターゲットを絞り込む方法は、まずアフィリエイトしたい広告をASPから選んで、それに合わせてターゲットを絞り込むという手法です。

 

例えば「ダイエットサプリ」をアフィリエイトしたいなら、ターゲティングは「ふくよかな女性」とし、その人が共感できるようなサイト作りにしていくわけです。

 

サイトの色合いを青色系統よりはピンクで統一したほうがいいですし、記事の言い回しも「~である」みたいな感じより「~です。~ます。」のほうがしっくりきます。

 

このようにお客様をターゲティングすることにより、サイト自体にも統一性がでてくるので、アフィリエイトをやる前にはターゲティングを必ず行うようにしてください。

 

 あとがき

 

ターゲティングは非常に有名なマーケティング手法です。

 

ここをおろそかにするとテーマがぼやけで統一性のないサイトになるので注意してくださいね。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

少しでもこの記事がお役に立てたのでしたら、下記のボタンをポチッと押していただければ、筆者は泣いて喜びます^^

 

以上、HIROでした。

アフィリエイトで稼ぐ|30代で仕事を辞める方法!運営者紹介
自画像

ビジネスアフィリエイター
HIRO

様々なバイト経験、 様々な社員経験を得て、 現在アフィリエイトを主な収入源とし、30代で仕事を辞めました。
現在35歳


HIROさんってどんな人?
と思った方はこちらへどうぞ

詳しいプロフィール

ブログランキングに登録しています。
このブログが少しでもいいなって思ってくれたらボタンをクリックしてくれると嬉しいです。

少しでも副収入を得たいなら
こちらをクリック^^
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
サイト内検索
最近の投稿
カテゴリー
タグ

ページの先頭へ