電話で仕事を辞める方法

目安時間:約 7分
電話で仕事辞める

こんにちは、HIROです。

 

仕事をしているとどうしても会社を辞めたくなる時があります。でもいざ仕事を辞めようと思っても、様々な理由があって会社や上司に仕事を辞める旨を話せない場合があります。そこで今回は電話で仕事を辞める方法についてご紹介したいと思います。

 

基本的に仕事を辞める時は、直接上司に話した方がベストではありますが、精神的にであったり、肉体的にであったりと、面と向かっては仕事を辞めることを言い出せないパターンが多くあります電話で直接辞めるやり方は、ベストなやり方ではありません。あくまでどうしようもなくなった時の最終手段として捉えてください。

 

 社会常識上のマナー

 

マナー

 

社会常識上のマナーで言うと決して褒められた退職の仕方ではありませんし、長い目で見るとやはりやるべきではありません。その理由として、失業保険や転職先に必要な離職票を受け取れない可能性があるからです。離職票がないと失業保険が受け取れない状態になり、今一度会社に連絡を入れなくてはいけないという最悪な状況にもなりかねません。普段であれば会社側が離職票などの書類を一括で送ってくれるものですが、電話で直接仕事を辞める非常識な辞め方をした場合、会社側に多大な迷惑をかけていることになり、必要な書類を送ってもらえないことも充分に考えられるのです。仕事を辞める時は基本的に円満退社を目指したいものです。

 

電話で仕事を辞めたい事情

 

電話で仕事辞めたい

 

会社に勤めていると様々なことが起こるように、仕事を辞める理由も様々あります。その中でも電話で直接仕事を辞める決断をするにはそれ相応の、仕事を辞める理由があるはずです。以下にあげる理由以外でも色々ありますが、まずはあなたの仕事を辞めたい理由と照らし合わせて、本当に電話で仕事を辞めるに至る動機があるのかどうかを確かめてください。もし、以下の理由よりも軽薄な理由であった場合、電話で仕事を辞める方法は取らない方がいいでしょう。

 

  • 毎日上司とのトラブルがあり、顔を合わせるといつも怒られる
  • 会社に行こうとすると吐き気やめまい、情緒不安定などの症状が出始め、出社もできない状態
  • 日々の業務に追われ、仕事をこなすのが精一杯で、とても上司に相談できる空気ができていない
  • 自分が店の責任者であり、上司と顔を合わせるタイミングがほとんどない
  • 上司にも部下にも同僚にも嫌わていて常時セクハラ、パワハラを受けており仕事を辞めさせてくれない

 

など、自分ではどうしようもない状態の時の最終手段として、電話に頼ることは仕方ないと思います。

 

やってほしくない例として、異動願いが出されて面倒くさいので辞めるとか、仕事に疲れたから辞めるといったような自己中心的な考えで使用するのは止めてください。最悪あなたの人格を疑われることになります。

 

雇用契約による仕事の辞め方の違い

 

雇用契約の違い

 

電話で仕事を辞めるのも雇用契約によって多少の違いがありますのでご紹介します。

 

アルバイトの場合:仕事仲間に多大な迷惑がかかりますが、電話で辞めても法律上は問題ありません。

 

派遣社員の場合:派遣社員である場合は、あなたと雇用契約を結んでいるのは今現在勤めている会社ではなく派遣会社なので、仕事を辞めたいと思ったら直接雇用契約を結んでいる派遣会社に電話をする必要があります。間違っても自分勝手な判断から今現在勤めている会社に電話をしないでください。今勤めている会社と派遣会社の両方に多大な迷惑をかけるうえに、会社間との信頼関係も壊してしまいかねません。場合によっては訴えられてもおかしくはない状態なので充分注意してください。

 

契約社員の場合:契約社員は会社で決められた規約に従い半年なら半年、一年なら一年と働く期間が決められています。なので、基本的には電話でその日のうちに辞めるということができません。契約を破ると契約違反なので電話で仕事を辞めるのはやめた方がいいでしょう。

 

正社員の場合:問題はありませんが、社会的地位は間違いなく落ちるでしょう。最悪、転職先にも電話で仕事を辞めることがばれる可能性すらあります。

 

電話代行サービスを利用する

 

電話代行サービス

 

もしどうしても自分から電話できないという人は電話代行サービスを利用してみるのもいいかも知れません。電話代行サービスとは、仕事を辞めたいのに電話をかけることさえ恐怖に感じてしまい、電話ができない人の代わりに仕事を辞める電話を代行で引き受けてくれるサービスです。中には代行サービスから会社側に、離職票などの書類を依頼主に配送してくれるよう頼んでくれるところもあり、一切何もしなくても退職できるように取り計らってくれるというものです。

 

料金は代行サービスによって様々ですが、相場は2万~3万くらいで請け負ってくれます。安い所であれば2万ほどで受けてくれるところもあるのですが、サービスにはオプション機能があり、サービスによって値段が変わり、いつの間にか3万ほどになる場合もあります。代行サービスもいくつかあるので、比較検討しておく必要があります。

 

まとめ

 

電話で仕事を辞めるのは一般的にはタブーとされているため、多用は禁物と思ってください。まとめますと、

 

  • 社会常識上のマナー
  • 電話で仕事を辞めたい事情
  • 雇用契約による仕事の辞め方の違い
  • 電話代行サービスを利用する

 

です。この記事を参考にして行動を起こすようにしてください。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てたのでしたら、下記のボタンをポチッと押していただければ、幸いです^^

 

以上、HIROでした。

退職の意思が決まったら仕事を辞める準備をしましょう

目安時間:約 7分
退職準備

こんにちは、HIROです。

 

仕事を辞めるのは非常に体力と精神力を消費します。仕事を辞める決心がついたのなら次は退職までの準備をしないといけません。電話やメールですぐに辞められるなら苦労はしませんが、社会人として生活している以上そうはいかないのが実情です。

 

今回の記事は、仕事を辞める決心が付いた後の準備についてご紹介したいと思います。仕事を辞めてからアタフタするよりも今からしっかりと準備をして、念入りに仕事を辞める準備を進めていきましょう。

 

 退職期間を決める

 

退職期限

 

仕事を辞める決心ができたらまず初めに行うことは、退職期間を決めることです。退職期間を決めないとズルズルと期間が延びていき、結果仕事が辞められないという事態にもなりかねません。

 

とは言っても、しっかりと〇月〇日までに辞めるというような決め方だとアクシデントが起こった場合に対応しきれません。退職期間を決める時はだいたい半年くらいかなとアバウトな感じで決めて、柔軟に対応していきましょう。

 

退職期間は法律上、会社側に仕事を辞める旨を申告してから2週間は引き継ぎなどの都合上出勤しなくてはいけないので、少し多めに見積もって1か月くらいを見るのが妥当でしょう。もし、仕事を辞める前に新しい仕事を探すのであれば、だいたい半年くらいを目処にするのがいいと思います。

 

貯金残高はいくら残っているのか

 

貯金残高

 

次に貯金残高を見積もってみましょう。貯金残高を疎かにしているとあっという間に貯金が無くなってしまうので入念な計画が必要です。

 

実家暮らしの場合はある程度余裕があると思うのですが、一人暮らしや家族が居るなどの場合、貯金が底を尽きる前に次の仕事を探さないと後々身動きが取れなくなることがありますので注意が必要です。

 

貯金残高の目安ですが、実家暮らしの場合は電気代などがかからないのでそこまでお金に気を使う必要はないでしょう。だいたい月に5万ほどあれば生活できると思います。一人暮らしの場合の目安は、最低でも月に10万ほど、多くて12~13万ほど減るので約100万円あればしばらくは問題なさそうです。問題なのは家族が居る場合です。この場合、子どもが何人いるかにもよりますが、ギリギリの生活ラインだと15万は欲しい所です。今の貯金残高が100万円であるとすれば、半年ほどで尽きる計算になります。

 

そこで是非活用してほしいのが国からお金がもらえる失業保険です。自己退職の場合、仕事を辞めてから3か月の間はもらえませんが、スムーズに失業保険の申請ができたのなら最短で4か月後にはもらえることになるので、必ず申請してください。もらえる額は払ってきた税金にもよりますので、事前にハローワークに行って聞いてきてもいいと思います。もらえる金額は平均してだいたい10万~15万くらいの間だと思います。

 

退職届を書く

 

退職届

 

貯金残高を調べたら次は退職届を書きましょう。退職届に書く文面は実際にはあまり書くところがありません。簡単に言うと以下のようになります。

 

  • 日付
  • 退職理由
  • 会社の名前
  • 社長または代表取締役のフルネーム
  • あなたの部署と名前と印鑑

 

退職理由は、特に不都合がなければ「一身上の都合で辞めます」でいいと思います。変に建て前や本音の退職理由を書くと、トラブルの原因にもなりかねません。当たり障りのない文面に抑えることでスムーズに退職することができます。

 

社長のフルネームは必ず記入しないといけないものですが、小さい会社ならいざ知らず、大きな会社であれば社長のフルネームを覚えていないこともあると思います。その時は、ネットで「○○会社 社長」と打ち込めば簡単に調べることができます。最近は退職届もパソコンで作成してもいい時代になってきているので、名前の打ち間違いだけ注意しましょう。

 

退職理由を決める

 

退職理由

 

退職理由については本音と建て前があると思うので、当たり障りのない理由をいくつか考えておきましょう。退職理由で一番多いのが次の転職先が決まったという理由です。転職先が決まったと上司に言えば大方の上司は首を縦に振るしかないと思うので、仕事を辞めるにはうってつけの理由となります。

 

以下に退職理由の記事を記載しておきますので参照してください。

 

参照:まじで会社行きたくない|がちで仕事を辞める3つの理由

 

会社に相談して離職票をもらうようにする

 

離職票

 

忘れがちなのが、会社側から離職票をもらうことです。これが頭に入ってないと、最悪の場合離職票がもらえなくなり、ハローワークに行っても失業保険の申請ができなかったり、転職先でも迷惑がかかることがあるので、仕事を辞めた際は必ず離職票をもらうようにしておきましょう。

 

この段階で間違ってもメールやラインで仕事を辞めたりすることのないようにしましょう。理由は、メールやラインで仕事を辞めると離職票がもらいにくくなるからです。詳しくは下記の記事を参照してください。

 

参照:メールやLINEで仕事を辞めるって悪いことなの!?メリットとデメリットの比較

 

まとめ

 

仕事を辞める準備といっても意外とやることが多いという事がわかってもらえたと思います。この記事を参考にしてもらいスムーズに仕事を辞める準備をしてください。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てたのでしたら、下記のボタンをポチッと押していただければ、幸いです^^

 

以上、HIROでした。

30代で辞める賢い会社の辞め方と最低限のマナーで印象は大きく変わる

目安時間:約 7分
退職

こんにちは、HIROです。

 

テレビドラマを観ていると、主人公かなんかがいきなり上司に向かって「今日でこんな会社辞めてやる!」って言って辞表を叩きつけるシーンがありますが、あれを実社会でやったら間違いなく変人扱いされるでしょうね。

 

でも、こういうシーンって実は珍しくありません。

 

というのも、特に新入社員で入って来た子たちは、こらえ性がないのか仕事を初めて1週間で消えることもよくあります。

 

速い人なんかはその日の午前中に消える人もいるくらいです。

 

30代の人がそんなことするとは思いませんが、そういうことを繰り返していると、次に入る会社にも噂が入ってきて、就職できづらいという悪影響を及ぼすこともありますのでご注意を。

 

そのためにも、会社を気持ちよく辞めるための最低限のマナーは守りたいものです。

 

「立つ鳥、後を濁さず」とも言いますしね。

 

 30代で会社を辞める時の最低限のマナー

 

雇用期間が特に決められていない正社員であれば、会社の就業規則に「辞める時は、何日前、あるいは何か月前までに知らせること」と定めてあります。

 

これが契約社員の場合ですと、基本的にはその契約が終了するまで辞めることができません。

 

また、プロジェクトチームに配属されていると迷惑をかけないためにも、そのプロジェクトが終了した段階で辞めるのがマナーです。

 

30代で会社を辞める時は、なるべく人に迷惑をかけない心がけが必要です。

 

会社を辞める理由として一番やってはいけないことが、「会社の給料が安いから辞める」「上司のあいつが嫌いだから辞める」など、自分を正当化して、自分の意見を主張する人です。

 

採用時に決められた仕事内容や勤務時間、勤務内容などが、実際に働いてみて違ったのだとしても、それは会社や上司に相談するべきですし、円満退社をしたいのでしたら、そういうことは言わない方が賢明です。

 

あなたが会社に雇われた時に「雇用契約書」「労働契約書」などの契約書で会社と雇用契約を交わしているはずです。

 

これは「あなたと会社が契約によって結ばれている状態」を指し、「会社で労働をする代わりに給与をいただく」という誓約書にもなります。

 

なので、会社を辞める時も、「この会社とは、関わりを切ることだし、適当に辞めればいいや」という気持ちでは、相手に不愉快な思いをさせるだけでなく、あなたの常識も疑われることになりかねません。

 

会社を辞める時はそれなりの手順を踏んで、最低限のマナーを守って退職しましょう。

 

 

退職の意思表示の時期と有給の消化

 

労働基準法では、労働者が退職をする際、いついつまでに会社に通知しないといけないという規定はありません。

 

民法では、期間の定めのない雇用契約については、退職の意思表示の後、2週間を経過した時に雇用契約は解除されるとあります。

 

民法上の規約によれば、月の前半に退職届を提出すれば、その月の末日までには辞められるとあり、また月の後半に退職届を提出すれば翌月の末日に雇用契約が解除されると定められています。

 

このことを踏まえて残りの有給を消化できるようにしないといけません。

 

つまり、会社を辞める日程を3月末日とするなら2月前半に退職届を出して、その月の後半に退職するような形をとり、後の月日は有給で消化するといったやりかたが一般的です。

 

この退職方法を取るなら事前に有給の残り日数を計算しておく必要があります。

 

事務の人たちに頼めば教えてくれると思いますので、会社を辞める前に聞いておくことをお勧めします。

 

その日数を踏まえた上で、会社を辞める段取りをするといいでしょう。

 

円満退社でWin Winに

 

会社の事を思うなら、退社する時は、なるべく迷惑のかからない日程を選びましょう。

 

会社にとって、一番抜けて欲しくない繁忙期などは避けてほしいでしょうし、後任者の引継ぎなしに抜けられたのでは、あなたの仕事を任せる人がいなくなってしまいます。

 

そうならないためにも、時期を見計らって、引継ぎをちゃんとしてから退職するほうが、あなたも会社もWin Winな関係になり、お互いに気持ちよく退社ができるようになります。

 

また再就職をする際に、その会社の面接官があなたの前職の会社に電話する可能性もあります。

 

そこで円満退社でなければ入社を見送られることもありますので、そこは十分注意してください。

 

なお今の時代、あなたのフェイスブックなどのSNSを閲覧しにくる会社もあるので、前職の会社の悪口などを書くのは後々に不利になってきますので絶対やめましょう。

 

あとがき

 

会社を辞める時は、どうしても心に隙ができ、もうどうでもいいやって気持ちになることがあると思いますが、そこはグッと抑えて円満退社に持っていけるようにすると後々の自分の為にもなりますので、会社を辞める際は円満退社を目指したいものですね^^

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

少しでもこの記事がお役に立てたのでしたら、下記のボタンをポチッと押していただければ、筆者は泣いて喜びます^^

 

以上、HIROでした。

アフィリエイトで稼ぐ|30代で仕事を辞める方法!運営者紹介
自画像

ビジネスアフィリエイター
HIRO

様々なバイト経験、 様々な社員経験を得て、 現在アフィリエイトを主な収入源とし、30代で仕事を辞めました。
現在35歳


HIROさんってどんな人?
と思った方はこちらへどうぞ

詳しいプロフィール

ブログランキングに登録しています。
このブログが少しでもいいなって思ってくれたらボタンをクリックしてくれると嬉しいです。

少しでも副収入を得たいなら
こちらをクリック^^
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
サイト内検索
最近の投稿
カテゴリー
タグ

ページの先頭へ