LINEスタンプ市場は稼げるのか!?新規参入の傾向と対策

目安時間:約 8分
LINEスタンプ市場は儲かるか

こんにちは、HIROです。

 

LINEが先月、2016年12月期の連結決算の売上げを発表しましたね。発表によると前年比16.9%増の1407億円となりました。LINEスタンプなどの売り上げも良かったようで、ますます事業拡大が期待されます。

 

なのですが…正直そんな話はどうでもいいです(笑)

 

LINEさんについて私たちが知りたいのは売上げでも何でもありません。知りたいのはたった一つ!LINEスタンプは今から参入しても儲かるのかどうかって話ですよ!どうなんですか?LINEさん?

 

ってなわけでLINEスタンプの、知りたいけど教えてくれない本当の所【2017年】ということで今回調べてまいりました!副業にせよ本業にせよネットでサクッと稼げるんならそれに越したことないですもんね。では早速行ってみましょう。

 

 LINEスタンプの背景

 

LINEスタンプが販売開始されたのが、2014年5月でした。「LINE Creators Market」にて、自身で作ったスタンプが市場に販売されるという「クリエイターズスタンプ」システムが受け、皆こぞってLINEスタンプを制作するようになりました。

 

やっぱりブルーオーシャンには誰もが飛び込むようで、早速売上げを出す人が続出しました。その中でも、クリエイターズスタンプを売り上げた上位10位までの平均収入が2015年5月時点で50,500,000万円という驚きの数字を叩き出しました。また、さらに上の人ともなると1億円を稼ぐ人が続出し、市場は一気にヒートアップしてきました。だってそりゃそうですよね。イラストを規定数である40パターン描けば臨時収入が発生するんだから絵の描ける人は参加しない手はありません。

 

私も多少絵が描けてLINEスタンプの情報も入ってきてたのになんで参入しなかったんだろ…(遠い目)

 

LINEスタンプ業界に足を踏み入れるのは、何も個人だけでは収まらず、法人も次々と参戦していくことになります。こうなってくるとどんどん競争が激化し、LINEスタンプ購入者に対して、製作者がどんどん増える形になりました。

 

遂に訪れたLINEスタンプ氷河期

 

LINEスタンプ参入者が次々スタンプを作った結果、LINEスタンプの数はうなぎ登りになり、その数、120,000個ものLINEスタンプが市場に出回るようになりました。スタンプが市場に溢れてしまったら一体どうなるのでしょう。答えは簡単で、スタンプの数が多くなる=分母が大きくなるので、一人頭の売上げ額が販売開始時と比べて激減する事態となりました。

 

こうなってくると儲けるどころの話ではありません。一時は何千万も稼いでいた人が気付けば数千円を稼ぐのも難しくなってしまったのです。

 

ここで、どうして昔は儲けられたのかというと、単純な話、LINEスタンプ購入者よりもLINEスタンプの方が数は少なかったので儲かってただけの話だったのです。現在これだけLINEスタンプの数が多くなったのも、LINEスタンプ市場が個人でも参入できる敷居の低さを考えると当然の結果と言えそうです。

 

さらに困ったことに、LINEスタンプを申請する窓口が狭いために審査が通るのは約半年待ちなのだそうです。にも関わらず、スタンプ申請する人が多いものだから審査中のLINEスタンプが210,000個も足止めを食らっているのが現状のようです。

 

こうなってくると、今から新規参入しても申請が通るのは半年待ちだわ、仮に申請が通っても儲からないわで今から参入するには少し遅いのかもしれません。

 

あなたはLINEスタンプを購入したことがありますか?

 

では今度はLINEスタンプ購入者側の話をしてみましょう。LINEスタンプの値段は一部を除いて100円のものが多いのでお子さんから年配の方まで手が出しやすいのが受けている理由なのですが、ぶっちゃけLINEスタンプって購入したことあります?実は私は一度も購入したことがありません。他の人が購入したLINEスタンプをプレゼントされたことがあるんですが、有効期限がないものに関しては未だに使いまわしていて、実際に購入したことはありません。私は基本顔文字しか使わないので使う必要ないんですよね。

 

と、私みたいな人もいれば、最近学生さんの間だと無料LINEスタンプを使っていると友達からバカにされる風習もあるそうです。このことから考えて、LINEユーザーでLINEスタンプを購入するターゲットは、学生さんが多いのだと推測がたちますよね。こう考えると、LINEスタンプ市場にすでに120,000個、申請待ちが210,000個だとして、それだけ数があったらユーザーのバリューは賄えるんじゃないのか?と思うのは私だけでしょうか?

 

今後の新規参入者への傾向と対策

 

このことを踏まえ、新規参入者はどうやってLINEスタンプ市場に臨めばいいのでしょうか?私が考えるに二つの方法を提案します。それでは順に見ていきましょう。

 

 とにかく一定のレベルのものをシリーズ化してだしまくる

 

もはやこれだけ潤った市場なら単発での売上げは見込めないでしょう。しかし、シリーズ化していけば、あなたが作ったLINEスタンプのファンになってくれる人も必ず出てくると思いますので、そこを狙っていくのがいいかと思います。ただ、この方法はファンありきの戦略なので、単発での成功は期待しないほうがいいでしょう。

 

 自身をブランディング化するための礎にする

 

ここは頭をガラッと切り替えて、「LINEスタンプは儲からないものだ」という前提で、You Tubeやサイトアフィリエイトをしながら、そのコンテンツ内で独自のオリジナルキャラクターを創っていき、そのキャラクターをLINEスタンプとして販売してみてはどうでしょうか?この戦略は売上げを期待するものではなく、あくまでオリジナルキャラクターをブランディング化するという目的でLINEスタンプ市場を利用すれば、LINEスタンプ単体では売上げがないとしても他のコンテンツと併用することで一定の効果があるのではないでしょうか。点より面で物事を考えるという戦略です。

 

まとめ

 

今やLINEスタンプ市場はふなっしーやリラックマなどキャラクターものだけではなく、芸能人の顔をイラスト化したものや、本業のイラストレーターさんが描いたようなクオリティの高いものまで多数あります。その中で自身のスタンプを売り上げていこうと思うならば、少し違った角度で販売戦略を練らないといけない時期にあるのかもしれませんね。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てたのでしたら、下記のボタンをポチッと押していただければ、幸いです^^

 

以上、HIROでした。

副業で月132,000円を稼ぐ方法|クラウドソーシングサービス『CROWD』の評判と使ってみた感想

目安時間:約 8分
CROWD

こんにちは、HIROです。

 

アフィリエイトをやっていると、収入に結びつくまで時間がかかるので途中で飽きてしまう人も多いですよね。そこでなるべく時間を使わずに、お金を得る方法をご紹介します。ネットで稼ぐ体験をしてみると、稼ぐ実感が湧いてきてモチベーションの維持にもなります。アフィリエイトと並行していくのがいいでしょう。

 

今回紹介するのは、クラウドソーシングサービス「CROWD」です。詳しく見ていきましょう。

 

 クラウドソーシングサービスCROWDとは?

 

CROWD

 

CROWD

 

CROWDとは、ネットでアップされいる記事の代行、又は依頼を一括でしてくれるサービスです。CROWDサービスはアフィリエイターにとって必ず利用するサービスなのでしっかりポイントを押さえておきましょう。

 

クラウドソーシングサービスは、他にも色々あるんですが、ポイントサイト「げん玉」を運営している、株式会社リアルワールドがサービス提供をしていることで、ポイントを共有することができます。換金率は他クラウドソーシングサービスより低めに設定されていて、10ポイント=1円となっています。つまり、2,000ポイントなら200円ということになります。

 

 記事依頼代行サービスとして依頼する

 

CROWDには主に二つのサービスがあり、「記事依頼代行サービス」と「記事作成代行サービス」です。まずは「記事依頼代行サービス」からみていきます。

 

記事依頼代行サービスとは、アフィリエイターがよく使うサービスで、記事を書く手間を代理させたいときに使います。SEO対策にも強く、納品頻度も早いので利用者は多くいます。

 

記事の単価は1文字=0.6円~となってまして、仮に400文字を100記事受注したとしたら、

 

0.6×400×100記事で、24.000円ほどかかる計算になります。

 

お金で時間を買うということなら相応な値段ではないかと思います。ですが、1文字0.6円というのは水準からしてもかなり安いのでクオリティも当然低いものになります。他サイトの感想を聞いてみると、100記事受注して、使える記事は2記事しかなかったなどの嘆きの声がちらほら届いています。単価を上げればそれなりの記事には仕上がると思うのですが、いづれにしてもメインサイトに使うのはいささか気が引ける内容となっています。

 

低クオリティでいいなら、メインサイトに持ってくるというよりサテライトサイトとしての役割に使う方が賢明でしょう。ただ、記事の作成者は一人が請け負うものでは無く何百人という人たちが一気に記事作成して納品されるので、納品は早いですが、記事の内容に一貫性はありません。それでもいいなら利用する価値はあるでしょう。

 

そもそもクラウドソーシングサービス自体プロではなく、後に記述する素人さんが作成するのでどうしてもクオリティは低くなります。それがどうしても我慢ならないというなら1文字5円くらいのプロに頼む方が無難でしょう。私の見解だと高すぎて手が出せないですが…稼げるようになったら断然プロに頼むほうがいいので検討してみてください。

 

記事作成代行サービスとして登録する

 

対して、記事作成代行サービスは何かというと、簡単に言えば依頼された受注内容に沿って記事を書いていくサービスになります。記事作成代行サービスは、誰でも手軽に登録することができ、主にポイントを稼ぎたい人が登録します。代行者はあくまでポイントが欲しい=お金が欲しいという人なので、クオリティはあまり気にしません。クオリティを上げてもポイントに反映されないからです。ここがプロと素人の気持ちの違いというところですね。

 

ポイント単価は記事作成の内容にもよりますが、2,000ポイント~3,000ポイントくらいが相場です。お金に換算したら1記事400文字として計算した場合、200円といったところでしょうか。ただ、注意したいのはあまりに低クオリティなものをあげてしまうと、CROWD側がNGを出してくることもあります。NGをだされたら記事作成に費やした時間が無駄になりますので、なるべく丁寧な記事を作成するようにしましょう。

 

では、記事作成代行サービスで生計が立てられるかを見ていきましょう。CROWDのサイト内にデイリーランキングというものがあり、一日でどれだけ稼いだのかがランキング形式でみれるようになっています。それを見てみるとだいたい一日で稼ぐポイントは、63,000ポイントなので円に換算すると、6,300円です。アルバイトでみてみると、時給900円だとして8時間働くと得られる金額は7,200円なので、少ないといえば少ないです。仮に21日作業をしたとして132,300円稼げる計算になります。

 

しかし、家にいてパソコン作業だけでこの金額は中々のものと言えます。とは言えこの金額で、生計を立てていくにはかなり厳しいと言わざるをえません。やはり記事作成も副業として割り切って、利用するほうがいいでしょう。あくまで記事作成サービスは自身のライティングスキルを上げて、なおかつ少しでもお金になるんだということを認識させる程度でいいと思います。本業をアフィリエイトに置くなら記事代行を依頼することも多いでしょうから記事代行の裏側を見るという意味でも一度は利用しておきましょう。

 

記事作成の他にもデータ入力や写真撮影など、仕事は多岐にわたりますが、費用対効果を考えるとアフィリエイターさんは記事作成のみでいいと思います。

 

 あとがき

 

いかがでしたでしょうか。今回はクラウドソーシングサービスの中でも、CROWDをピックアップした内容にしましたが、他のクラウドソーシングサービスもほぼこういったシステムだと考えていいと思います。またこれからも副業やクラウドソーシングサービスに関しては記事を上げていこうと思いますので参照してもらえればと思います。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てたのでしたら、下記のボタンをポチッと押していただければ、筆者は泣いて喜びます^^

 

以上、HIROでした。

ポイントがざくざく貯まる!?お得にお買い物を楽しみたいならハピタスに登録してアフィリエイトを始めよう

目安時間:約 11分
ハピタスサイトの使い方

こんにちは、HIROです。

 

職業柄、アフィリエイトをやってる人のサイトへ遊びに行く事が多いのですが、その人達が取り入れているポイントサイトが気になったので、今回登録してみることにしました。その名も「ハピタス」です。おそらくポイントサイトをかじったことのある人の中では有名な部類に入るのではないでしょうか。

 

一部では稼げると噂の高いハピタスですが、実際の所はどうなのでしょうか。では詳しく見ていきましょう。

 

 ハピタスとは?

 

ハピタス

 

ハピタス

 

ハピタスとは、2012年11月にリニューアルされたポイントサイトのことで、ハピタスになる以前はドル箱という名前で運営されていました。ハピタスで稼いだポイントは現金やamazonギフト券などにも交換できるため、副業として利用する人が多いサイトです。ハピタスにはランク制度を設けており、一般ランクからブロンズ、シルバー、ゴールドとランクづけされていて、ランクが上がるたびに特典が付与されます。

 

ポイント交換レートは1ポイント=1円換算で、最低でも300ポイント=300円を貯めないと換金できないシステムになっています。しかしながら、クレジットカード申し込みやFX口座開設をすると2,000~15,000ポイントもらえるので、比較的簡単にお金が入るという仕組みです。

 

ハピタスは案件も豊富

 

ハピタスに登録されている案件も豊富にあり、常に新しい案件が入ってくるので、サイト訪問した際に、案件が一つもなかったってことはありませんので安心してください。

 

案件も、様々なカテゴリから選べます。

 

ネットショッピングが好きな方はハピタスと連動させることにより、ハピタスのポイントとお店のポイントの2重どりも可能で、お得に買い物が楽しめます。提携店も色々とあり、ハピタス独自のお店「ハピタス堂書店」、ワンダーコアでお馴染みのShopJapan(ショップジャパン)、コスメやダイエット商品を販売しているDHCなど、有名どころのお店が軒並み揃っていて提携店は非常に多いのが特徴です。

 

また、ポイントアップキャンペーンなども常時やっており、うまく時期が重なれば更にお得になることもあります。

 

他にも、サービスを受けたり資料請求を申し込んでもポイントが付く案件や、アンケートや口コミでポイントが貯められる案件もあり、ユーザーの好みによって案件を選ぶことができます。

 

ハピタスを使ってみた感想

 

実際にハピタスを使ってみたのですが、まず、登録が非常に簡単でスムーズにできました。こういったポイントサイトって最初に手こずるとモチベーションが下がってしまい、ポイントを貯めるに至らない場合も多いので、この点は評価できます。

 

気になったのが、高額案件。高額案件は一件成約すると一回で15,000ポイント=15,000円ほどもらえるんですが、個人的には結構リスキーかな、と…というのも例えばクレジットカードの申し込みの場合、申し込む会社によって諸条件が違うんですが、概ね一貫している条件が、新規カード発行+借り入れ完了して初めてポイントが入ってくるようになってます。

 

もちろんカード会社とハピタスとは提携していて、カード会社に新規加入してくれたら、カード会社はそのお礼としてハピタスにお金が入る仕組みなのは分かるんですが、ハピタス利用者としては、この条件で稼ぎ続ける事ってできません。何故って用もないのにカード会社のクレジットカードを作って稼ごうとしているのですから、無駄なクレジットカードが増えていきます。すると結果、多重債務者の疑いがかけられブラックリストに載る可能性だってあります。

 

なので、カード会社に登録するなら、「カード会社に登録しまくって稼いでやろう!」と意気込むのではなく、何か月かに一回程度のペースで稼いでいけばいいという気持ちで受注していきましょう。

 

もう一つ高額案件があります。それはFX口座の新規取引です。この案件もだいたい10.000ポイント=10.000円くらいは稼げるのですが、条件として、FX口座に新規加入+50,000~500,000万円くらいをFX口座に入れて、なおかつ、何度か取引しないとポイントはもらえません。しかも取引が一回の所はいいのですが、何度も取引しないといけないところもあり、費用対効果を考えれば果たして労力に見あった案件なのかと少し考えてしまいます。

 

FX口座の案件もカード会社案件と同じく一気に稼ごうと思うのではなく、10,000万円ほど稼げたらいいなって気持ちで申し込むのがいいと思います。あくまでハピタスからポイントをもらうための手段であり、FXで稼ごうという目的ではないことだけは頭に入れておかなければいけません。FXでなんの勉強も無しに申し込んで損をしたと言っても当方は責任を負いかねますのでご了承願います。

 

FXに口座を開いて取引をする分にはなんのデメリットもないので、最低でも一件はやっておいてもいいと思います。

 

後、資料請求も結構高額案件で、160ポイント~800ポイントくらいは稼げます。しかし、高額案件にはリスクはつきもので、資料請求には、資料請求会社に個人情報である住所を登録しなくてはいけません。そうするとどうなるかというと、ポイントをもらった後も、永遠に資料が届き続ける可能性があります。あくまで推測の域は出ないのですが、高額案件に手をだすというのは、そういうことだということです。

 

見方を変えれば、その危険を覚悟しておいた上で、申し込む分にはなんの問題もないので、お勧めの案件ではあります。まあ、たかだか800円の為にどれだけの労力を使うことになるのかは一考する必要がありますが…

 

ハピタスを使ってみて分かったことは、高額案件であればあるほど何らかのリスクは取らないといけないということですね。もし完全ノーリスクでしたいのであれば、アンケートなどを答えてポイントを得ることも可能です。ですが、アンケートの案件は1ポイント=1円ほどしか稼げないので、数をこなしていくしかないですね。

 

アフィリエイターが実践するお勧めの利用法

 

どうでしょうか?結構ポイントサイトで楽に稼げるって言ってるサイトも多いなか、ここまでデメリットを伝えているサイトも珍しいのではないでしょうか?要するに何をやるのも稼ぐということは、そんな簡単ではないということが分かっていただけたと思います。

 

そ・こ・で、私が考えるアフィリエイターならではの、ハピタス利用法について書いていきたいと思います。

 

それはずばり「勧誘」です!

 

もう、怪しさ満点ですね(笑)

 

ではもっと表現を柔げましょう。

 

簡単に言うとハピタスをアフィリエイトしてしまうんです。ハピタスのサービスの中には「友達紹介」というのがあって、ハピタスで言うところの「ハピ友」を、集めれば集めるほどポイントがつくという仕組みです。

 

では具体的にどうすればいいかというと、自分が作ったサイトに、ハピタスのバナーを貼るだけです。まんまアフィリエイトですよね^^

 

この案件は自サイトがあることと、自サイトに集客力がないと稼げないので、アフィリエイターさんにとっては絶好の案件なんです。

 

ハピタスはそれ自体、副業としての利益率しかないので、正直ハピタスにばかり時間をかけてはいられません。ハピタスを利用するには、いかに効率よく簡単に稼げるかがポイントになってきます。

 

ハピタスは誰がどれだけ稼いだかっていうデータを出しているのですが、一番稼いでいる人で月に100,000円ほどです。一番稼いでいる人で、です。つまりポイントサイトだけでは生活費は賄えないということになります。まあ、ポイントサイトだけで稼げるんなら誰もがやってるって話になるんですが…なので、ハピタスの賢い利用法はいかに楽しておこぼれをもらうかに注力したほうがストレスも溜まりにくく、効率的だと私は思います。

 

あとがき

 

色々辛辣な意見も書きましたが、この記事を読んでいるあなたには少しでもお得な情報を提示していきたいという想いで書いてみました。ハピタスの良い所も悪い所も含めて利用するかどうかを見極めてもらえると、それだけで記事を書いた価値があるというものです。

 

また今後も副業としてのポイントサイトの紹介はしたいと思っていますので、他の記事も参照していただければと思います。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てたのでしたら、下記のボタンをポチッと押していただければ、筆者は泣いて喜びます^^

 

以上、HIROでした。

アフィリエイトで稼ぐ|30代で仕事を辞める方法!運営者紹介
自画像

ビジネスアフィリエイター
HIRO

様々なバイト経験、 様々な社員経験を得て、 現在アフィリエイトを主な収入源とし、30代で仕事を辞めました。
現在35歳


HIROさんってどんな人?
と思った方はこちらへどうぞ

詳しいプロフィール

ブログランキングに登録しています。
このブログが少しでもいいなって思ってくれたらボタンをクリックしてくれると嬉しいです。

少しでも副収入を得たいなら
こちらをクリック^^
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
サイト内検索
最近の投稿
カテゴリー
タグ

ページの先頭へ