30代で辞める賢い会社の辞め方と最低限のマナーで印象は大きく変わる

目安時間:約 7分
退職

こんにちは、HIROです。

 

テレビドラマを観ていると、主人公かなんかがいきなり上司に向かって「今日でこんな会社辞めてやる!」って言って辞表を叩きつけるシーンがありますが、あれを実社会でやったら間違いなく変人扱いされるでしょうね。

 

でも、こういうシーンって実は珍しくありません。

 

というのも、特に新入社員で入って来た子たちは、こらえ性がないのか仕事を初めて1週間で消えることもよくあります。

 

速い人なんかはその日の午前中に消える人もいるくらいです。

 

30代の人がそんなことするとは思いませんが、そういうことを繰り返していると、次に入る会社にも噂が入ってきて、就職できづらいという悪影響を及ぼすこともありますのでご注意を。

 

そのためにも、会社を気持ちよく辞めるための最低限のマナーは守りたいものです。

 

「立つ鳥、後を濁さず」とも言いますしね。

 

 30代で会社を辞める時の最低限のマナー

 

雇用期間が特に決められていない正社員であれば、会社の就業規則に「辞める時は、何日前、あるいは何か月前までに知らせること」と定めてあります。

 

これが契約社員の場合ですと、基本的にはその契約が終了するまで辞めることができません。

 

また、プロジェクトチームに配属されていると迷惑をかけないためにも、そのプロジェクトが終了した段階で辞めるのがマナーです。

 

30代で会社を辞める時は、なるべく人に迷惑をかけない心がけが必要です。

 

会社を辞める理由として一番やってはいけないことが、「会社の給料が安いから辞める」「上司のあいつが嫌いだから辞める」など、自分を正当化して、自分の意見を主張する人です。

 

採用時に決められた仕事内容や勤務時間、勤務内容などが、実際に働いてみて違ったのだとしても、それは会社や上司に相談するべきですし、円満退社をしたいのでしたら、そういうことは言わない方が賢明です。

 

あなたが会社に雇われた時に「雇用契約書」「労働契約書」などの契約書で会社と雇用契約を交わしているはずです。

 

これは「あなたと会社が契約によって結ばれている状態」を指し、「会社で労働をする代わりに給与をいただく」という誓約書にもなります。

 

なので、会社を辞める時も、「この会社とは、関わりを切ることだし、適当に辞めればいいや」という気持ちでは、相手に不愉快な思いをさせるだけでなく、あなたの常識も疑われることになりかねません。

 

会社を辞める時はそれなりの手順を踏んで、最低限のマナーを守って退職しましょう。

 

 

退職の意思表示の時期と有給の消化

 

労働基準法では、労働者が退職をする際、いついつまでに会社に通知しないといけないという規定はありません。

 

民法では、期間の定めのない雇用契約については、退職の意思表示の後、2週間を経過した時に雇用契約は解除されるとあります。

 

民法上の規約によれば、月の前半に退職届を提出すれば、その月の末日までには辞められるとあり、また月の後半に退職届を提出すれば翌月の末日に雇用契約が解除されると定められています。

 

このことを踏まえて残りの有給を消化できるようにしないといけません。

 

つまり、会社を辞める日程を3月末日とするなら2月前半に退職届を出して、その月の後半に退職するような形をとり、後の月日は有給で消化するといったやりかたが一般的です。

 

この退職方法を取るなら事前に有給の残り日数を計算しておく必要があります。

 

事務の人たちに頼めば教えてくれると思いますので、会社を辞める前に聞いておくことをお勧めします。

 

その日数を踏まえた上で、会社を辞める段取りをするといいでしょう。

 

円満退社でWin Winに

 

会社の事を思うなら、退社する時は、なるべく迷惑のかからない日程を選びましょう。

 

会社にとって、一番抜けて欲しくない繁忙期などは避けてほしいでしょうし、後任者の引継ぎなしに抜けられたのでは、あなたの仕事を任せる人がいなくなってしまいます。

 

そうならないためにも、時期を見計らって、引継ぎをちゃんとしてから退職するほうが、あなたも会社もWin Winな関係になり、お互いに気持ちよく退社ができるようになります。

 

また再就職をする際に、その会社の面接官があなたの前職の会社に電話する可能性もあります。

 

そこで円満退社でなければ入社を見送られることもありますので、そこは十分注意してください。

 

なお今の時代、あなたのフェイスブックなどのSNSを閲覧しにくる会社もあるので、前職の会社の悪口などを書くのは後々に不利になってきますので絶対やめましょう。

 

あとがき

 

会社を辞める時は、どうしても心に隙ができ、もうどうでもいいやって気持ちになることがあると思いますが、そこはグッと抑えて円満退社に持っていけるようにすると後々の自分の為にもなりますので、会社を辞める際は円満退社を目指したいものですね^^

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

少しでもこの記事がお役に立てたのでしたら、下記のボタンをポチッと押していただければ、筆者は泣いて喜びます^^

 

以上、HIROでした。

この記事に関連する記事一覧

アフィリエイト業界で最も売れている王道教材

Unlimited Affiliate NEO

アフィリエイトで稼ぐ|30代で仕事を辞める方法!運営者紹介
自画像

ビジネスアフィリエイター
HIRO

様々なバイト経験、 様々な社員経験を得て、 現在アフィリエイトを主な収入源とし、30代で仕事を辞めました。
現在37歳


HIROさんってどんな人?
と思った方はこちらへどうぞ

詳しいプロフィール

ブログランキングに登録しています。
このブログが少しでもいいなって思ってくれたらボタンをクリックしてくれると嬉しいです。

サイト内検索
最近の投稿
カテゴリー
タグ

ページの先頭へ