会社を辞める?辞めない?そのメリットとデメリットとその理由

目安時間:約 10分
キャリアアップ

こんにちは、HIROです。

 

30代で会社を辞めるという事は相当なリスクを伴います。

 

いざ会社を辞めたとしても次の仕事が上手くいくか分からない。

 

もし失敗したら転職はもう無理だと思う…

 

など色々な思考が頭をぐるぐる駆け巡って結局我慢しようって思うんですけど、それは一時的なもので、また嫌なことがあったら辞めたい…ってそれの繰り返し。

 

以前の私も同じ気持ちになったことがあるので痛いほどわかります。

 

ですが、その気持ちのまま定年まで働けますか?

 

あれこれ考えていたらあっという間に40歳になり、ますます抜けられない状況に陥ります。

 

そこで身体でも壊してしまったら目も当てられなくなります。

 

そこで、会社を辞めるリスクと辞めないリスク両方を比較してみました。

 

ただこれはあくまで私個人の解釈であり他人に強要するものではありません。

 

 会社に居続けるメリットとデメリット

 

まず会社に居続ける事へのメリットデメリットを挙げていきます。

 

 会社に居続けるメリット

 

・給料が安定している

 

お金がなければ生活ができないのでこれは当然だと思います。

 

・年金や健康保険などの負担が減る

 

個人で仕事をする人には受けられない恩恵ですね。

 

・毎年1~2回はボーナスが付与される

 

今はボーナスも出ないところが多いのであまりメリットとしては機能しないかも知れません。

 

・自分さえ我慢すればある程度のリスクを抑えられる

 

自分の身はもちろんのこと家族の生活も支えていかなければならない分、下手な行動ができないので、そういう意味では会社に依存したほうが安定的な生活はできると思います。

 

ですが、体を壊したらそこで終わる可能性も充分にあります。

 

会社に居続けるデメリット

・精神疾患を患う可能性がある

 

ブラック企業が叫ばれている中でここ10年ほどで爆発的に発症率が高くなったのが心の病気です。

 

成人病とも言われおり、外的なケガなどとは違い、精神的な部分の病のため完治までには数年から数十年、もしくはずっとその病を引きずっていかないといけないものまであります。長く仕事を続けるうえで一番気を付けないといけないものかも知れません。

 

・上司とのトラブルから避けられない

 

交友関係をうまく構築できる人ならなんとかやり通せるでしょうが、交友関係の苦手な方の場合、上司との人間関係は大変な苦痛を伴うものだと思います。

 

上司のあまりに傍若無人な態度に心を煩わされる部下も多いと聞きます。

 

・給料が一定でそれ以上は増えない

 

これに関してはこちらの記事が詳しいので一度目を通していただければ記事の理解も一層深まると思います。

 

アベノミクスでは給料は上がらない!?円安の本当の理由

 

ある程度の実績を残したとしても、給料は比例して増える事はないので、ある時を境にやる気が減少する可能性もあります。

 

・自由になる時間が確保できない

 

家族をもてば行きたくなるのが旅行ではないでしょうか?

 

月一とは言わないまでも年に一回くらいはお子さんたちの好きな場所へ旅行にいきたいものです。

 

でも、残業や休日出勤が重なると旅行どころではありません。

 

土日に休みが取れる人はまだいいですが、シフト制の会社も多くなっており、お子さんたちとの楽しい旅行なんて行く暇がないというのが現状だと思います。

 

やがてお子さんが大きくなって、気付いたら一度も旅行の経験がないってことになったらこれ以上の悲劇はありません。

 

完全に「家族を犠牲にして会社に隷属」した典型的な例です。

 

・リストラされるリスクを常に持っている

 

結局会社に依存しているということは、おかみの一存でどうにでもされるのが会社です。

 

会社が首を横に振れば仕事がなくなり、それがきっかけで家族も家も失い、気付けば一瞬で浮浪者になっている話も大げさな作り話ではありません。

 

明日は我が身ということを常に考えなければいけません。

 

・会社のいう事には逆らえない

 

あなたが嫌がる仕事、例えば海外転勤だったり単身赴任だったりを、あなたの気持ちを無視して出向が命じられます。

 

そこでノーと言って免れることができることもあるでしょうが、一度断ってしまえばそこの会社に居づらくなることにもなりかねません。

 

あなたが出す答えはイエスか、仕事を辞めるしか選択肢がないのです。

 

もしたとえイエスであったとしても、海外転勤の場合、日本に戻ってこられる可能性を考えたら限りなく0に近いのではないでしょうか。

 

 会社を辞めた時のメリットとデメリット

 

では次は会社を辞めた後のメリットデメリットを見ていきましょう。

 

会社を辞めた時のメリット

 

・自由な時間がもてる

 

会社に束縛されなくなった分開放的な気持ちになるものです。

 

これが会社を辞める大きな理由かもしれませんね。

 

・わずらわしい上司に対して気遣わなくてよくなる

 

人間関係があまりうまくない人は上司との人間関係は何かと億劫なもの。

 

そこから解放されたら気持ちも穏やかになり、余計なストレスを抱えなくてもよくなります。

 

・やりたい仕事ができる

 

会社を辞めて今あなたを束縛するものは何もありません。

 

なのでどんな職に就こうがすべて自由です。

 

自営業を始めるもよし、キャリアアップを目指して前の会社より給料の多い職を目指してもよし。

 

何にでもなれます。

 

英語に自身があるならアメリカへわたるのも1つの手段でしょう。

 

全てはあなた次第です。

 

会社を辞めた時のデメリット

 

・社会保険を返却

 

会社を辞めたら会社に社会保険を返却し、あらたに国民健康保険に加入しなければなりません。

 

もし病気などにかかってしまった場合、会社に属していた時と比べて、お金の負担が大きくなり休職者にとってはきついものがあります。

 

年金に関しては払わなくても2年ほどの猶予があるので職が決まったらまとめて払うこともできます。

 

・次の仕事が決まるまでが不安

 

次の仕事が決まるまでは無収入で生活していかなければいけないので、常にお金の不安は付きまといます。

 

少なく見積もっても1か月10万ほどの生活費が消えるので悠長には構えてられません。

 

ぜひ失業保険の申請だけはしといてください。

 

 あとがき

 

色々書きましたが結局会社を辞める時には辞めた後の将来設計がちゃんとしていればあまり問題はないのかなと思います。

 

ただ仕事が辛いから辞めたいのであればお勧めはしませんが、ある程度の目標に向かって前向きに行う辞職であれば、全然アリだと思います。

 

あなたが十分なスキルや社会経験をもち、一人でもやっていけるというなら自営という道もあるでしょう。

 

会社を辞めて次のステップに行くときに、会社に勤めていた以上のメリットがあれば会社を辞めるに十分な理由になりますので躊躇せずに飛び込む覚悟も必要だと思います。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

少しでもこの記事がお役に立てたのでしたら、下記のボタンをポチッと押していただければ、筆者は泣いて喜びます^^

 

以上、HIROでした。

アフィリエイト業界で最も売れている王道教材

Unlimited Affiliate NEO

アフィリエイトで稼ぐ|30代で仕事を辞める方法!運営者紹介
自画像

ビジネスアフィリエイター
HIRO

様々なバイト経験、 様々な社員経験を得て、 現在アフィリエイトを主な収入源とし、30代で仕事を辞めました。
現在37歳


HIROさんってどんな人?
と思った方はこちらへどうぞ

詳しいプロフィール

ブログランキングに登録しています。
このブログが少しでもいいなって思ってくれたらボタンをクリックしてくれると嬉しいです。

サイト内検索
最近の投稿
カテゴリー
タグ

ページの先頭へ