You Tubeに有名アーティストの音楽をアップするのは著作権違反!?

目安時間:約 7分
音楽の著作権問題について

こんにちは、HIROです。

 

You Tubeを見ていると色んな動画がアップロードされてますよね。めちゃ可愛い犬猫動画だったり有名アーティストの音楽であったり。そんな魅力的な動画を見ているとだんだんと「自分でも動画が作れるんじゃないか?」と思った事がある人も多いはず。

 

でも、いざYou Tubeにアップロードする動画を作ろうとした時に、どうしても切り離せない問題が著作権問題です。著作権問題をないがしろにして動画製作を進めてしまうと著作権侵害に触れてしまい、せっかく苦労して制作した動画も検索順位を落としてしまい、誰にも観てもらえなくなる可能性もあります。そうなるととっても悲しいですよね。

 

そこで、今回は著作権問題でも特に厳しい音楽業界の著作権に的をしぼってご紹介していきたいと思います。

 

 そもそも著作権って何ですか?

 

そもそも著作権ってなんでしょうか?著作権と聞いて頭に浮かぶのはきっと「違反したら犯罪になるんだろうな」ってことだと思います。でも厳密にどんなことをしたら違反になってどういった刑罰があるのか知らない人も多いのではないでしょうか。著作権問題に関しては以下を参照してもらうと分かりやすいと思います。

 

参照:You Tubeでゲーム実況動画をする際の著作権問題

 

ここで一つ注意点として知ってほしいのが、音楽とゲームの著作権に違いがあるということです。どういうことかというと、まずはゲーム実況などで使われるゲームに関してですが、ゲーム画面を動画にアップロードするのは一部のゲームソフトを除いてはすべて違法です。ただし、ぶっちゃけた話をすると、ゲーム会社側から物事を捉えて考えて見た場合、自分たちが作ったゲームを、ユーザーがYou Tubeに動画をアップロードすることは宣伝効果にもなり、一概にすべてのゲーム実況動画を削除するには至らないのが現状です。いわゆるグレーゾーンですね。

 

対して音楽は、音楽そのものをYou Tubeなどの動画共有サイトに投稿するのはいかなる理由があろうとも完全にアウトです。というのも音楽の著作権を管理しているのは一つの団体ではなく、いくつかの団体で管理しているからです。例えばアーティストの名前や写真などであれば、著作権は「アーティストの所属している事務所」になりますし、音楽CDやデジタル音源などは「レコード会社、レーベル」の管轄になります。ゲームの著作権とは違いグレーゾーンがないのが音楽の著作権なのです。

 

音楽の一部のメロディーでもダメ?

 

音楽を聴いていると、とてつもなくカッコいいイントロやメロディが琴線に触れたりしますが、その一部分を自身の動画にアップロードしたいと思っても、これもアウトです。「それ」と分かるようなイントロ部分などの引用も原則はダメとされています。

 

よくテレビなんかで流れる音楽、またはイントロクイズなどで流される曲は、すべてその楽曲を管理している団体に「お金」を渡して正式な形で引用の許可をもらっています。テレビだとそういったことも可能ですが一般人では到底無理ですよね?したがって有名なアーティストの音楽を自身のオリジナル動画としてアップロードするのは徒労に終わるので止めたほうがいいでしょう。

 

それでも違法アップロードをしている人はいる

 

You Tubeを巡回していると、公式チャンネル以外で音楽を流している人をよく見かけると思いますが、単純にまだ見つかってないだけで、確実に削除対象なのでいつかは削除されるか検索をかけても順位に上がらなくされるのがオチです。

 

違法アップロードをすると最近のYou Tubeは大変優秀なので違法アップロードかどうかはすぐにわかり、違法アップロードをした投稿者に対して警告文を出してきます。何を隠そう私も何度か警告文を出された一人です(笑)

 

動画の収益化を考えている場合も、違法アップロードをすると「収益化できません」の警告文がメールで来るので、収益化できません。

 

違法アップロードは、よっぽどその音楽が好きで、違法になってもいいから皆に聴いてもらいたいという、ある種自己満足な方でない限りなんのメリットもありません。

 

結局完全合法でアップロードできるのはオリジナル動画だけ

 

こう書いてしまうと実も蓋もないんですが、結局一番いいのはオリジナル動画を作るってことですね。一からすべて作るのは大変なので音楽などの所有物を著作権フリーで提供してくれているサイトも多いのでそこを利用してオリジナル動画を作るのが一番手っ取り早いです。「フリー素材 曲」などで検索してみましょう。無料ながらめちゃめちゃカッコいい曲などもあるのでぜひ訪れてみてください。ただその際には、各サイトで決められた利用規約をよく読んで使用するようにしてください。

 

まとめ

 

色々書きましたが、話を明確にすると「著作権のある音楽は使ったらダメ、オリジナル動画を作ろう」ということです。オリジナル動画なら誰も文句は言いませんし何より著作権違反にビクビクしなくてもいいので気持ち的にも安心できます。この記事を参考にしながら是非あなたのオリジナル動画を作製してみてください。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てたのでしたら、下記のボタンをポチッと押していただければ、幸いです^^

 

以上、HIROでした。

この記事に関連する記事一覧

アフィリエイトで稼ぐ|30代で仕事を辞める方法!運営者紹介
自画像

ビジネスアフィリエイター
HIRO

様々なバイト経験、 様々な社員経験を得て、 現在アフィリエイトを主な収入源とし、30代で仕事を辞めました。
現在36歳


HIROさんってどんな人?
と思った方はこちらへどうぞ

詳しいプロフィール

ブログランキングに登録しています。
このブログが少しでもいいなって思ってくれたらボタンをクリックしてくれると嬉しいです。

少しでも副収入を得たいなら
こちらをクリック^^
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
サイト内検索
最近の投稿
カテゴリー
タグ

ページの先頭へ