退職の意思が決まったら仕事を辞める準備をしましょう

目安時間:約 7分
退職準備

こんにちは、HIROです。

 

仕事を辞めるのは非常に体力と精神力を消費します。仕事を辞める決心がついたのなら次は退職までの準備をしないといけません。電話やメールですぐに辞められるなら苦労はしませんが、社会人として生活している以上そうはいかないのが実情です。

 

今回の記事は、仕事を辞める決心が付いた後の準備についてご紹介したいと思います。仕事を辞めてからアタフタするよりも今からしっかりと準備をして、念入りに仕事を辞める準備を進めていきましょう。

 

 退職期間を決める

 

退職期限

 

仕事を辞める決心ができたらまず初めに行うことは、退職期間を決めることです。退職期間を決めないとズルズルと期間が延びていき、結果仕事が辞められないという事態にもなりかねません。

 

とは言っても、しっかりと〇月〇日までに辞めるというような決め方だとアクシデントが起こった場合に対応しきれません。退職期間を決める時はだいたい半年くらいかなとアバウトな感じで決めて、柔軟に対応していきましょう。

 

退職期間は法律上、会社側に仕事を辞める旨を申告してから2週間は引き継ぎなどの都合上出勤しなくてはいけないので、少し多めに見積もって1か月くらいを見るのが妥当でしょう。もし、仕事を辞める前に新しい仕事を探すのであれば、だいたい半年くらいを目処にするのがいいと思います。

 

貯金残高はいくら残っているのか

 

貯金残高

 

次に貯金残高を見積もってみましょう。貯金残高を疎かにしているとあっという間に貯金が無くなってしまうので入念な計画が必要です。

 

実家暮らしの場合はある程度余裕があると思うのですが、一人暮らしや家族が居るなどの場合、貯金が底を尽きる前に次の仕事を探さないと後々身動きが取れなくなることがありますので注意が必要です。

 

貯金残高の目安ですが、実家暮らしの場合は電気代などがかからないのでそこまでお金に気を使う必要はないでしょう。だいたい月に5万ほどあれば生活できると思います。一人暮らしの場合の目安は、最低でも月に10万ほど、多くて12~13万ほど減るので約100万円あればしばらくは問題なさそうです。問題なのは家族が居る場合です。この場合、子どもが何人いるかにもよりますが、ギリギリの生活ラインだと15万は欲しい所です。今の貯金残高が100万円であるとすれば、半年ほどで尽きる計算になります。

 

そこで是非活用してほしいのが国からお金がもらえる失業保険です。自己退職の場合、仕事を辞めてから3か月の間はもらえませんが、スムーズに失業保険の申請ができたのなら最短で4か月後にはもらえることになるので、必ず申請してください。もらえる額は払ってきた税金にもよりますので、事前にハローワークに行って聞いてきてもいいと思います。もらえる金額は平均してだいたい10万~15万くらいの間だと思います。

 

退職届を書く

 

退職届

 

貯金残高を調べたら次は退職届を書きましょう。退職届に書く文面は実際にはあまり書くところがありません。簡単に言うと以下のようになります。

 

  • 日付
  • 退職理由
  • 会社の名前
  • 社長または代表取締役のフルネーム
  • あなたの部署と名前と印鑑

 

退職理由は、特に不都合がなければ「一身上の都合で辞めます」でいいと思います。変に建て前や本音の退職理由を書くと、トラブルの原因にもなりかねません。当たり障りのない文面に抑えることでスムーズに退職することができます。

 

社長のフルネームは必ず記入しないといけないものですが、小さい会社ならいざ知らず、大きな会社であれば社長のフルネームを覚えていないこともあると思います。その時は、ネットで「○○会社 社長」と打ち込めば簡単に調べることができます。最近は退職届もパソコンで作成してもいい時代になってきているので、名前の打ち間違いだけ注意しましょう。

 

退職理由を決める

 

退職理由

 

退職理由については本音と建て前があると思うので、当たり障りのない理由をいくつか考えておきましょう。退職理由で一番多いのが次の転職先が決まったという理由です。転職先が決まったと上司に言えば大方の上司は首を縦に振るしかないと思うので、仕事を辞めるにはうってつけの理由となります。

 

以下に退職理由の記事を記載しておきますので参照してください。

 

参照:まじで会社行きたくない|がちで仕事を辞める3つの理由

 

会社に相談して離職票をもらうようにする

 

離職票

 

忘れがちなのが、会社側から離職票をもらうことです。これが頭に入ってないと、最悪の場合離職票がもらえなくなり、ハローワークに行っても失業保険の申請ができなかったり、転職先でも迷惑がかかることがあるので、仕事を辞めた際は必ず離職票をもらうようにしておきましょう。

 

この段階で間違ってもメールやラインで仕事を辞めたりすることのないようにしましょう。理由は、メールやラインで仕事を辞めると離職票がもらいにくくなるからです。詳しくは下記の記事を参照してください。

 

参照:メールやLINEで仕事を辞めるって悪いことなの!?メリットとデメリットの比較

 

まとめ

 

仕事を辞める準備といっても意外とやることが多いという事がわかってもらえたと思います。この記事を参考にしてもらいスムーズに仕事を辞める準備をしてください。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てたのでしたら、下記のボタンをポチッと押していただければ、幸いです^^

 

以上、HIROでした。

この記事に関連する記事一覧

アフィリエイトで稼ぐ|30代で仕事を辞める方法!運営者紹介
自画像

ビジネスアフィリエイター
HIRO

様々なバイト経験、 様々な社員経験を得て、 現在アフィリエイトを主な収入源とし、30代で仕事を辞めました。
現在36歳


HIROさんってどんな人?
と思った方はこちらへどうぞ

詳しいプロフィール

ブログランキングに登録しています。
このブログが少しでもいいなって思ってくれたらボタンをクリックしてくれると嬉しいです。

少しでも副収入を得たいなら
こちらをクリック^^
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
サイト内検索
最近の投稿
カテゴリー
タグ

ページの先頭へ