有給休暇はちゃんと消化できてますか?世界から考える日本の休暇の考え方

目安時間:約 7分
有給消化率

こんにちは、HIROです。

 

「一週間ほど休みを取ってパーッと海外旅行にでも行きたい!でも仕事が忙し過ぎて、有給を使う暇もない…」

 

とお嘆きのそこのあなた。

 

その悩み、もしかするとあなただけではないかも知れませんよ。

 

そもそも日本人にとって、有給を消化するという行為は「罪悪感がある」からだって言ったら驚きますか?

 

会社に勤めている人が平等に使える権利のはずなのにおかしいですよね?

 

今回はそんな30代の悩める有給事情について調べてきました。

 

日本人は有給を取りたいのに取れない?

 

本来の有給休暇の意味とは、会社側が働いてもらうあなたに対して公休以外に自由にお休みが取れる制度ですよね?

 

それなのにどうしてあなたは有給を取ることができないのでしょうか?

 

その答えを知るには、どうやら会社全体から流れる空気を考察する必要がありそうです。

 

まず最初に言っておきたいのは、日本人という人種についてです。

 

日本人は、「必要以上に周囲に合わせる」という風習があります。

 

例えばあなたが、「来週の月曜から水曜の三日間を有給にしてどこかへ遊びに行きたい」と思ったとします。

 

でも、その隣にはあなたと肩を並べて、共に会社人生を歩んできた同期が一心不乱に働いている姿を見たら、あなたはどう思うでしょうか?

 

きっと優しいあなたのことだから、「同期がこんなに頑張って働いているのに、俺だけ有給を取って遊びに行くわけにはいかない」と思い直して有給を取ることを断念するでしょう。

 

実はこのやりとりがあなたの有給が消化できない一つの理由になってます。

 

つまり日本人特有の「空気を読む」というやつです。

 

これにより会社全体が有給を取りずらい雰囲気へと変わってしまって、より一層有給が取れないという事態になっているのです。

 

かと言って無理やり有給を取ろうとしたらどうなるでしょう?

 

「俺はなんとしても来週ディズニーランドに行きたいんだ!」

 

なんて言って部長に懇願して仮に有給が取れたとします。

 

楽しい楽しい旅行から帰って来たあなたに待ち受けているものは、きっとお土産話を待っている上司や同期の姿ではなく、生暖かい目線をこっちに向けてくる同僚たちの姿ではないでしょうか?

 

同僚からすれば、「こんなに忙しい時期に遊びに行きやがって」と、そんなところでしょう。

 

有給を取るという行為は、会社に勤めるものにとっての最大限の権利であるにも関わらず、それを容易には取らせてくれない日本特有の空気が邪魔をしているのです。

 

 世界基準で見た日本の有給消化率

 

では次に、有給消化率を世界の視点から見てみることにしましょう。

 

まずはこちらをご覧ください。

 

有給消化率

出典:Expedia

 

こちらは、2015年Expediaによる有給休暇国際調査の結果なのですが、先進国12か国のうち、有給休暇消化率は下から二番目の60%という結果になっています。

 

このことから、世界的に見ても日本は有給休暇を消化しきれていないことが分かります。

 

上位の国を見てみますと、上位3国であるブラジル、フランス、スペインは有給が30日も取れる環境において、100%の消化率を誇っています。

 

日本人の環境にしてみれば羨ましい限りですよね。

 

国によって有給を取れる日数は微妙に違ってはいるものの、消化率という意味では、日本の消化率はかなり悪いものとなっているようです。

 

ここでもやはり、日本人特有の「空気を読む」という部分が結果に表れてきている形になってますね。

 

日本で有給消化ができている会社

 

話を日本に戻しますが、そんな日本でもちゃんと有給を消化できている会社も多くはありませんが、実在しています。

 

あるデータによると、有給消化率ランキングで5年連続1位になっている会社はホンダで、取得率は3年平均で99.6%となっています。

 

これは有給を取りにくい日本において驚異的な数字ではないでしょうか?

 

会社の企業努力が並々と感じられる結果ですね。

 

続いて2位がアイシン精機で98.2%、3位がホンダ系の四輪シート部品メーカーのテイ・エステックで97.0%とこちらも高い水準で有給を消化しているのがわかります。

 

このデータからわかるのは、会社側が有給の管理も徹底しているということが挙げられます。

 

会社にとって当たり前のことを当たり前にすれば、人員不足にも悩まされることはなく、会社とそこで働いている人達ともWin Winの関係を保てるばかりか人間関係も潤滑に回るということですね。

 

あとがき

 

有給を目当てにして入社する人は少ないと思いますが、最低限働くものにとって働きやすい環境こそが今の時代に求められていることなのではないでしょうか?

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

少しでもこの記事がお役に立てたのでしたら、下記のボタンをポチッと押していただければ、筆者は泣いて喜びます^^

 

以上、HIROでした。

タグ: 

カテゴリ:30代  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

アフィリエイト業界で最も売れている王道教材

アフィリエイトするなら超ド定番のアンリミテッドアフィリエイトNEOがおすすめ!

アフィリエイトで稼げるようになるには、まず全体の仕組みを知らなければなりません。

そんな仕組みが書かれている教材はアンリミテッドアフィリエイトNEOだけ!

⇒HIROの特典付きアンリミテッドアフィリエイトNEOのレビューはこちら

アフィリエイトで稼ぐ|30代で仕事を辞める方法!運営者紹介
自画像

ビジネスアフィリエイター
HIRO

様々なバイト経験、 様々な社員経験を得て、 現在、仕事をしながら30代で会社を辞めるためのアフィリエイター活動をしています
既婚 現在37歳


HIROさんってどんな人?
と思った方はこちらへどうぞ

詳しいプロフィール

ブログランキングに登録しています。
このブログが少しでもいいなって思ってくれたらボタンをクリックしてくれると嬉しいです。

次世代型サイト作成システムSIRIUS(シリウス)

2018年5月14日、シリウスの大型アップデートが実施されました。

シリウスの大型アップデートにより、HTML5、CSS3に完全対応したほか、既存のテンプレートも大幅パワーアップしてより使いやすく、よりシンプルになりました。

サイト作成を考えているならシリウスがおすすめ!

⇒HIROの特典付きSIRIUS(シリウス)のレビューはこちら

SEOテンプレートの決定版!賢威7



HTML、Wordpressに対応しているバリエーション豊富なテンプレートは賢威を置いてほかにないでしょう。

テンプレート自体も時代の流れに応じて随時変更が加えられているので、古さを感じさせないのも魅力の一つ!

サイトが作れないとお嘆きの方にぜひ!

⇒賢威7

サイト内検索
最近の投稿
カテゴリー
タグ

ページの先頭へ